NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。

2006/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちのずきんちゃんです。「ぜんまいざむらい」を見ていると、ずきんをまいてと言ってきます。
20060901212714.jpg

ちなみに長男が「ぜんまいざむらい」

お父さんが「なめざえもん」

お母さんが「おばば」ということでやっていってます。
スポンサーサイト
みなさんの好きな「からくり大江戸」キャラクターは誰でしょうか?もし良かったらコメントしていただいて、ランキングにしてみたいです。よろしければ、ご協力よろしくお願いします。

新しく投票フォームを作成しましたので、そちらにコメントを含めて移動させていただきした。ありがとうございました。
なめざえもんの考え方が短絡的過ぎた感想を持ちました。やっぱりまだなめざえもんは若いのでしょうか?みんなの年齢が気になるところですが、ぜんまいざむらいweekでは
ぜんまいざむらい、ずきんちゃん、なめざえもんは20代前後と推測しています。
主な登場人物とせりふの数
ぜんまいざむらい(11) 豆丸(2) ずきんちゃん(5)
なめざえもん(7) おばば(5) まっちゃ(1)

必笑だんご剣とその相手
あり。相手は恋人たちの邪魔をしたなめざえもん

てんがいおとこ
「今日は善を施したり」と普通に1回言うだけ。

スタッフ
脚本・北条千夏 絵コンテ・矢澤範生 演出・佐藤清光 

作画監督・椛島義夫

感想
○せりふ2 ○ユーモア2 ○教訓1 ○展開3 ○善2
《合計10点/50点》
あくとり代官
からくり大江戸のマイクはコレ!メガホンです

あくとり代官主催の歌合戦。このお話には不器用な人が多く登場するが、最もまわりの空気を読めないのがこの人。でもにくめない感じも持っています。おばば・ちゃじじ&まっちゃ・なめざえもん・殿&家老の4組が歌うが、歌詞は特徴をそのまま歌ったもので、このぜんまいざむらいの”まっすぐストレート一本”のよさがとても出ていたと思います。歌合戦で歌った歌詞は、

1番、おばば「わたしを食べて」
「見て見てわたしの白い肌。だんごよだんご、わたしはだんご」ここまで歌うと、あくとり代官は鐘をひとつ鳴らしました。
2番、茶じじ&まっちゃ「老いらくの茶柱」
「茶飲み友だちと思っていたけど」 (まっちゃ合いの手「にゃいにゃいにゃい」) 「おまえとならば」ここで鐘。
3番見栄城の殿とその家老「ぼくら天下は夢さ」
「僕ら恋する殿様じゃわいな」(←ご指摘いただきありがとうございました)《「恋はいつでも下克上」家老の合いの手》ここで鐘がなります。
歌合戦・なめざえもん
やっぱりなめざえもんはある意味すごいです
4番なめざえもん「もうけるが勝ち」
「か」ここで鐘がなります。
ということで4組みんなあくとり代官に詰め寄りもっと歌わせろという展開ですが、なめざえもんはそこで、
「かねかねかね、金さえあれば何でもできる~」と歌っています。
おばば「今が食べごろ私を食べて」
茶じじ「一緒に同じ墓に」
殿&三太夫「そこの娘よちこうよれ」
db65さんに教えていただきました。ありがとうございます

厳しい採点が続きますが、「歌はなべ。テーマ性がないとだめなんだ」とあくとり代官は言います。ところで、今日のあくとり代官のファッションはいつものエプロンを除いて、少しグレードアップしてました。
赤い靴はおばさん度をかなりアップさせていました。結局みんながけんかを始め、必笑だんご剣を食べることになりました。優勝はダンスパフォーマンスもよかったぜんまいざむらいに。副賞として人生相談1年分をもらい、逃げていくぜんまいざむらいというお話でした。

登場人物とせりふの数
ぜんまいざむらい(7) 豆丸(2) あくとり代官(10)
おばば(5) なめざえもん(7) 茶じじ(4)
殿(5) 家老(4) まっちゃ(2)
必笑だんご剣とその相手
あり。おばば、なめざえもん、茶じじ、殿、家老、あくとり代官に
てんがい男
「今日も善を施したり~」の後、まっちゃが鐘ひとつ鳴らす
スタッフ
脚本・河原ゆうじ 絵コンテ・鈴木卓夫 作画監督・山崎登志樹
感想
○せりふ9○ユーモア8○教訓5○展開7○善4
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

ぜんまいざむらいツアーの皆様へ⑧
ツアー続行おばばはまだ自分のことに自信を持っているおばあちゃんでぜんまいざむらいはこのおばばの家に居候しています。茶じじはずきんちゃんのおじいちゃんです。茶じじもいろいろと逸話の多い人物です。殿はちっさくてかわいらしい感じです。これらの人物たちとからくり大江戸の町でいろいろなことが起きます(絵をクリックしてください)

ピエールがすごい!早口ことばのオンパレードで子どもたちは大喜びでした。声優さんはさすがですね。すらすら言ってましたし、すらすらわざと間違っていました。
話は突然押入れわらしが出てきて、次々に早口ことばを言わせ、もし間違えたら墨で顔にバツをかいていくというもの。(ずきんちゃんはさんかく・かみちよねーさんはハートでした)
ぜんまいざむらいっぽいところでは、押入れなどから急に押入れわらしが出てきた時のみんなの反応
★おばば→「うわ~、おみゃはだれじゃ」
★ぜんまい→「やや、お前はおしいれわらしか」(ぜんまいざむらいは知っていたみたいです)
★ずきんちゃん「だれ?」
★豆丸「えー」
★茶じじ「うー」
★まっちゃ「寝たまま無言」
★なめざえもん「寝たまま無言」
★かみちよねーさん「うふん」
★あくとり代官「いらっしゃい、何をめしあがるかな」

というようにおばばとぜんまい、ずきんちゃんだけが普通の反応です。5分という限られた中で、スピード感がどんどん出てくるこのお話はより一層ぜんまいざむらいのおもしろさを増したように思います。
さて以上のメンバーは全員失敗したのですが、ひとりすごいのがピエール
ピエール
日本語を習っている外国人のほうが、きれいな日本語を話すということが最近はあるそうですが、その例にもれず、ピエールの日本語力はすごいんですね。ただ、外国の人が日本語を学ぶ時に、早口ことばなんてするのでしょうかね。
主な登場人物とせりふの数
ぜんまいざむらい(9) 豆丸(2) ピエール(8)
押入れわらし(20) おばば(4) 茶じじ(1)
ずきんちゃん(3) なめざえもん(1)
かみちよねーさん(2) あくとり代官(2)
必笑だんご剣
なし。ぜんまいキコキコはあり。
てんがい男
「今日も善を施したり」の早口ことば。5回目で噛む。
スタッフ
脚本・北条千夏 絵コンテ・河合夢男 作画監督・林桂子
感想
○せりふ3 ○ユーモア4 ○教訓2 ○展開7 ○善2
《18点/50点》
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
ショーグンザル
かわいく見えますが、20mあります

「ショーグンザルが最初でよかった」

私が子どもの紹介で見た初めの作品がこれです。ぜんまいざむらいはたくさんの脚本家の方が日替わりで作っていますので、おもしろさにムラがあるように思いますが、この最初に見た話は興味深いもので、おもしかった。
見世物小屋では、淡路島で発見した巨大ザルのショーが行われていた。ぜんまいざむらいは一言。

こういう見世物はインチキが多いからなぁ

というドキッとするつっこみに、十万屋万兵衛の「そこのちびっ子、ちびったらあかんで~」とやさしい逆つっこみに
本当なら、こういう場では、かなりこわい禁止ワードを言ったのになぁ~。
その後十万屋万之助が操作する巨大ザルが登場し、みんな本物と信じてしまう。ところがショーグンザルにわざわざぜんまいがついていたところは
十万屋兄弟が本物のサルということで見世物小屋で商売するなら、本当はぜんまいなんて作ったらいけないのに、ついていたところはかわいらしささえ感じました。その後制御不能になり、からくり大江戸の町にくりだし暴れます。
見栄城の殿様


見栄城が倒されるが、シンバルの音波でというところは。ただ、ぜんまいざむらいの「おいらでもたおせるけど」は少し残念。この一言は誰もが暗黙の了解の事実。それを言わないで殿様をたてる不思議さがぜんまいざむらいのよさのひとつだと思うので。
結局、ぜんまいざむらいがショーグンザルの口の中に入り、必笑だんご剣を。でもこの必笑だんご剣はいつもより長め。時間にして18.91秒。大関おけつ山で13.15秒。たくさんだんごを投げた紅白歌自慢合戦でも14.21秒。少し得した気分になりました。


★主な登場人物とせりふの数★
ぜんまいざむらい(10)豆丸(7)十万屋十兵衛(10)
十万屋万之助(6)との(3)家臣(3)
★必笑だんご剣★
あり・相手は制御不能になったショーグンザル
★謎の天蓋男★
「今日も善を施したり」のあとシンバルとさるのまね
★スタッフ★
脚本・河原ゆうじ 絵コンテ・藤森カズマ 作画監督・湯川高光
★感想★
○脚本7 ○ユーモ8 ○展開8 ○教訓4 ○ふしぎ度7 計34点/50点
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
必笑だんご剣きめ

ただ、ぜんまいざむらいの刀についているお団子は3色ではなく、4色(白2つ・ピンク1つ・みどり1つ)これは何か意味があるのでしょうか?わたしは8月9日の「ショーグンザル」からしっかりと見始めたので、よくわかりません。こどもに聞いても「?」です。NHKのことだからいつも急に最初に戻ったりするから、それを見ようと思ってたら、話はどんどん先に進んでいきます。ただ単に白の団子が好きだから1つ多いのでしょうか。
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
早速本屋へ行こうと思ったら、こどもが「ぜんまいざむらいだいじてん」なる本を持っていたので、借りて読んでみました。そこにぜんまいざむらいは三色団子が好きだけど特に「白い」ところが好きと書いてあるのを見て、一気に親近感がわきました。
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
夏休みに子どもが教育テレビを見ていました。そこから流れてきた曲ぜんぜんぜんまい・まわるかぎり・この世をうんとたのしも・・・「えーっ、朝からなんて重い歌詞」「それになんや、このジャズ調の曲は!!」と。何も知らなかったわたしですが、少しずつ勉強していきたいと思っています。
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

ぜんまいざむらいツアーの皆様へ⑬
ツアー続行こんな些細なことから、始めて今では、毎日の放送が楽しみで楽しみで仕方ありません。長い間ありがとうございました。最後のページです。(絵をクリックしてください)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。