NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十万屋兄弟
インチキ商法の十万屋十兵衛と万之助兄弟
ゲストにはめずらしく、「三日月池のミカちゃん」「ショーグンザル」に続き3回目の登場です。(ただ、大江戸えどわんグランプリで最初に衝突した組にいたので4回目となりますが…)2人はべたべたの大阪弁を話すので関西人と予想されます。客の呼びこみは兄さんの担当。いつもセンス片手になかなかうまいようです。いつも客の心をつかんでいます。それに対して弟の万之助はドジをふむことが多いです。でもこの2人ショーグンザルの時もそうでしたが、インチキとはいえ、なかなか立派なものを作るのです。今回はお城型のロケット。それも宇宙に行ったようにみせる工夫もバッチリ。ぜんまいざむらいに正体がばらされるので、毎回大赤字で関西に帰ることになっているのでしょう。あと、番組最後の「声の出演」のテロップ。必ず弟の万之助のほうがせりふ数が多いわけでもないのに上になっています。

★十万屋兄弟が出てくる話★
#12『三日月池のミカちゃん』
#23『ショーグンザル』(week内あらすじ紹介)
#45『星がおちてくる』(week内あらすじ紹介)
#58『あなたも若くなれる』(week内あらすじ紹介)
#94『豪華客船大パニック』
#117『わくわく恐竜ツアー!』
#135『からくり大江戸おばけ騒動!』
#199『ウソつきの雨』
変装が得意?!な弟十万屋万之助について
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

スポンサーサイト
小天狗テンテン
「~てんですよ」

言葉の末尾が「~てんですよ」の修行中の天狗。身長は高げたをはいた状態でずきんちゃんと同じで、豆丸と身長は同じくらいか。気に入らないことがあると、天狗の道具を悪用する。ただ、「必笑だんご剣」と聞くだけで「ギクッ」と反応。もしかすると伏線が何かあるかもしれませんね。豆丸と境遇が同じということで友だちとなる。
第50話『小天狗テンテン』のあらすじ
第141話『テングになった豆丸』のあらすじ
極似キャラクター雷小僧
テンテンのお母さんテンカア
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
ゴミ袋からくり大江戸の町もゴミ袋は指定のものを使わないといけないみたいですね。色は灰色になっていますが、これはきっと中に灰が入ってあったからです。きっと透明の袋なんでしょうね。
『アクタレざむらい誕生』あらすじ紹介(week内記事)
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
ゲイジュツ野郎
誰かをイメージしていると思うのですが

「~だァート」が語尾につく芸術にこだわりを持つ男の人。ぜんまいざむらいに「おじさん…」と言われていたので、年齢はかなりいっているかもしれません。彫刻、絵画、デザイン、造形すべての分野にわたって自分勝手なアートな世界に浸ります。鍋に食べられないものをたくさん入れて「ゲイジュツは食べられないものだ」これはうまい掛詞だと思いました。
『ゲイジュツ大バクハツ』お話のあらすじ
『まっちゃアート』お話のあらすじ
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

本当に長い間ありがとうございました。
ほんの少しですが、濃縮したぜんまいざむらいweekでした。
毎日更新していく予定なので、またお時間ありましたら、いらしてください。またコメントもいただくと記事作りに参考にしたいと思います。よろしくお願いします。
他のお話も少し見たいと思われた方はあらすじ一覧がありますので、見ていただけるとうれしいです。
他の登場人物についてもう少し知りたい方は、レギュラーキャラクター一覧があるので、見ていただけるとうれしいです。
ぜんまいざむらいに関するグッズもたくさんでています。もし近くにショップがない場合はご参考になられてください。
20061126152634.jpg
ぜんまいざむらいデパート
最新商品と入れ替えしました
★1F最新商品 ★2F本 ★3Fぬいぐるみ・雨具

HOMEにもどる
普段とのギャップを楽しむお話です。まるで今までの話がすべて伏線となって、ここにたどりついたような感じさえありました。今まで善だったぜんまいざむらいと豆丸が悪に、今まで悪だった(完全な悪ではないですが)なめざえもんが善と入れ替わります。
そうなった理由は1匹の電気なまず
電気なまず
何も悪気がない様子。そこがまたいい

特に何も考えてない電気なまずが原因という設定はよかった。そして次の衝撃的場面はこの絵です。電気なまずにびりびりされて、心配そうに歩み寄るずきんちゃんに
あくたれ、最初の悪行
まさか!!
ぜんまいざむらいの手が少し動いた時、まさかと思いましたが、本当にまさかでした。音楽がおばばの悩殺ポーズのものと同じというのも
あとはやりたい放題。このアニメの特徴だと思うのですが、「やる時は誇張して、スピード感あふれ、めいいっぱいやる」
あめをうばうぜんまい
もうとんでもないことになっています
なぜか3つついたあめを口を大きくあけて奪ったり、からくり大江戸指定のゴミ袋に入った灰をまき散らしたりと。
そしてそれを止めにはいった豆丸にだんご剣を。

あくたれダンス
あくあくあく
20060925230038.jpg
たれざむらいの

剣を軽く扱い、だらだらしたダンス。もう徹底的にいきます。そして豆丸もアクタレになると爆竹を鳴らすわ、おしりぺんぺんをするわ。しまいには豆丸は火をふいていましたから。ここまでの徹底ぶりはすごい。
そして決定的な一言。
いいから
ずきんちゃんも本気で怒る一言を

どさくさにまぎれて、なめざえもんがずきんちゃんにデートにさそい「好きよ好きよも、キスのうち」という変な言葉をなげかけて、ずきんちゃんにキスをしようとすると、ぜんまいざむらいがうつり、何を言うのかと思えば、「いいからいいから」豆丸が「早く続きを」
ここまでいくと、もうすごいの一言。普段は絶対ありえませんから。その徹底的な描写に

そしてなめざえもんが「普段ならここでだんごを食べるはずなんだけど調子が狂うでやんすねぇ」みんなそう思っていたはずです。そして下敷きをドラえもん風に取り出し、自慢のまげにこすり
なめざえもん救う
静電気を起こし、デビルマン風にぜんまいざむらいに近づき、電気を与え、一件落着。その後、なめざえもんがまたずきんちゃんにキスを迫ると「こら!」と正気にもどったぜんまいざむらいの声を聞いて、待ってましたとばかりに「はぁ、はぁ」と笑って逃げるなめざえもんのとてもさわやかな表情が印象に残りました。まとめにはなっていませんが、5分でここまでやるとはやっぱりぜんまいざむらいはすごいなぁと感じたお話でした。
★せりふ数★
ぜんまいざむらい10 あくたれざむらい10 豆丸5 あくたれ豆丸4
ずきんちゃん12 なめざえもん14
★スタッフ★
河原ゆうじ脚本 野中かずみ絵コンテ 佐藤清光演出 華房泰堂作画監督
★必笑だんご剣★
アクタレだんごを豆丸に
★なぞの天蓋男★
「なめざえもんに善を施されたり」の後、なぜかいた電気なまずと目が合い、あくたれ天蓋男に。
『アクタレざむらい誕生』研究①・普段との違い(week内記事)
『アクタレざむらい誕生』研究②・屈辱のダンス(week内記事)
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

今回の必笑だんご剣は"必悪だんご"
食べた豆丸も「まずーい」と言ってアクタレになってしまいました。ところでダンス。「善を施すためにしか使わない」と言っていた剣を寝そべりながら、おしりにおいてと屈辱的なダンス
20060925230038.jpg
この話のおもしろさは普段とのギャップを楽しむことにあると思います。普段から見ている私にとっては対照的な姿があのような描かれ方をされていたのは、ある意味新鮮でおもしろかった。なにしろギャップは強烈でしたが。そして普段の必笑だんご剣がより輝いてみえるようになりました。
必笑だんご剣

『アクタレざむらい誕生』研究①・普段とのちがい(week内記事)
『アクタレざむらい誕生』研究③・お話のまとめ(week内記事)
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
電気なまずによってプラス回線からマイナス回線に変わり”アクタレ”になったぜんまいざむらいと豆丸(天蓋男も)普段のかわいい姿から一変します。

まず●ぜんまいざむらいですが、服の袖をめくり上げています。いたずらをしやすいようにでしょうか?次に●豆丸の頭のボンボン。いつもは丸い感じなんですが、とげとげの状態になっています。本当に細かく描写されています。
いいから

『アクタレざむらい』の研究は1回では終わりませんので、何度かに分けてしていくつもりです。
『アクタレざむらい』研究②・屈辱のダンス(week内記事)
『アクタレざむらい』研究③・話のまとめ(week内記事)
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
準備中だったぜんまいざむらい公式ホームページのグッズ紹介が更新されました。
その中でCD(525円)が11月15日、
1話から10話までのDVD(2940円)が11月16日に発売されることになったとのこと。
ということは1~10話の再放送はもうないのか…!!見てないのに!!予約させてもらいました。amazonだとDVDが2205円に割引されていたので、そちらで。ぜんまいざむらいDVD
いよいよ明日は『アクタレざむらい』再放送の日です。内容が衝撃的過ぎて、「NHKなのに~」「子ども番組なのに~」というご批判があると思いますが、今のところ私は作り的に1番評価し、大変おもしろい作品だと思っています。もちろん何回も見ましたが、明日も見ます!!
あくたれダンス
ところでアクタレざむらいの必笑だんご剣(絵のような感じで態度も悪い)のダンスの時の歌ですが、ぜんまいざむらいweekでは「あくあくあくたれざむらいの おだんごでたでたじゃじゃじゃのじゃー」と書いていましたが、木綿の半可通風さんによると「あくあくあくたれざむらいの おだんごべたべたべたちゃのちゃー」もしくは「べちゃべちゃべちゃちゃちゃのちゃー」とのことです。
確かに、そのとおりでした。訂正を入れさせてもらいます。申し訳ございませんでした。
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
わるい天蓋男
この絵はアクタレになった時です。

ぜんまいざむらいの善を日々見守っているのがてんがい男。ただ毎回ちょっと気の毒な"おち"を担当していることが多いです。
パターンとして5パターンほどあります。(もちろん例外もたくさん)
●普通に「ぜんまいざむらい今日も善を施したり」というパターン
●上から誰か(何か)落ちてくるパターン(自分がおちるパターンもあり)
●いっぱい書くパターン
●ぜんまいざむらい以外の人の善を書き示すパターン
●話に出てくるキャラクターに関係する終わり方
☆ただし、「大江戸えどわんグランプリ」では登場する機会がなく、無理やり障子をあけて、「何もしてない」と。そして第1話は登場がありませんでした。

天蓋男という名前だけあっていつもひとり。豆丸にテンテンという友だちができると「友だち募集中の張り紙」をするほどでした。ねこなどに寄ってこられると笑顔だし。また、かみちよねーさんは天蓋男の存在や役割を知っている模様です。
私が一番好きな天蓋男の終わり方は、「豆丸、お手」の犬養夫妻に犬の豆次郎に間違えられる場面でした。あんな犬いないのになぁ~。また、「灯台の灯を守れ」の燈台守の看病をするところもよかったです。
●かみちよねーさんのことが好き
●財布は持っているが、お金はあまりもっていない
●天蓋の下は天蓋。その下も天蓋
筆の逆側は歯ブラシになっている
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

ぜんまいざむらいツアーの皆様へ⑪
ツアー続行絵の天蓋男はこわい顔をしていますが、いつもおちゃめな感じで5分間の話の最後を締めくくってくれます。それでは次にweekについてこんなことをしていますの紹介です(絵をクリックしてください)

豆丸
豆丸がいないとぜんまいざむらいの魅力も半減します!

まめまるはぜんまいざむらいといつも一緒にいる修行中の忍者。珠算3級、まきびし2級、手裏剣練習中の身。登場人物の中では最年少と予想されます。(何歳かというのはまだ根拠がないのでわかりませんねぇ~)

●ふとんの柄は三日月
●英語が少しわかる→『西洋寺子屋1日体験』
●おねしょ5回目撃(ひょうたん型と流れ星型・からくり大江戸型、日本地図方、世界地図型)
●長い話が嫌い「話は5分以内に」が口癖
●小天狗テンテンと友だち
●ずきんちゃんからは「まめまるちゃん」と呼ばれている
●珠算の先生は最近大手進学寺子屋に生徒をとられ、ガランとした教室をからくり長屋で営む
●おすしなどおいしいものを食べる時覆面をとる 豆丸の口まで見える顔はこちら
●身長はぜんまいざむらいの肩のあたりの高さ
●おばばの悩殺ポーズに「出た~」と最も強く反応
●忍法「百面相」(顔を変えることができる。泣き濡れ戦士との対決でぜんまいざむらいを救う)
●忍法「バナナの皮」(バナナの皮を置くだけ。ただ、エレキテルの助に苦戦したぜんまいざむらいを救う)
●忍法「しゃっくり止めの術・くりの舞」(ずきんちゃんのしゃっくり止めに失敗)
●忍法「犬へんげの術」(犬に変身に犬養夫妻に昔飼っていた犬と間違われる)
●忍法「大噴水」(おねしょの原因となる)
●忍法「かくれみの虫」
●忍法「花咲かじいさん」(ぜんまいざむらいとずきんちゃんへのロマンチックな演出)
●忍法「豆鉄砲」クラッカー鳴らすだけ
●忍法「コチョコチョハンド」(コチョコチョハンドでこそばす)
●忍法「仲直り」(ウルウルした瞳で見つめる)
●忍法犬払い(フライングディスクを投げる)
●からくり大江戸にいる人についてくわしい「もしや貴殿は~では」が多い→灯台の守、ゲイジュツ野郎、おなら仙人
●ホットケーキが好き
●生まれは伊賀
●3人兄弟で長男。弟はあずき丸。妹はごまちゃん
●手先は不器用→折り紙苦手
●もしもの時に備えて爆弾を持ち歩いている
●辛いものが苦手
●年齢は幼稚園児ぐらいか!!
●暗いところにいくとすぐ眠る
●財布は落花生型
●恐竜図鑑をもつほど恐竜が好き
●将棋は弱い・13連敗中(弱いのか、ぜんまいざむらいが強すぎなのかは不明)
●お母さんの好きな料理ですきなのは豆マメだんご
●忍法就学前に読む「忍法あいうえお」を弟の小豆丸に渡してからくり大江戸に来た
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

ぜんまいざむらいツアーの皆様へ⑦
ツアー続行修行中というのがポイント。このお話には何かひとつは"陰の部分"みたいなものがあるのです。その他にもたくさんのキャラクターがいます。レギュラーキャラクターはすべてこのweekで紹介していますので、また見てください。少しだけ特徴がよくわかるお話があるので紹介します(絵をクリックしてください)

伊賀のかに一族
横歩き専用

見栄城のお殿様の宝物を奪った忍者。伊賀の毛がに丸と伊賀のたらば丸(絵は毛がに丸)
たらば丸は棟梁だけあって、ウルトラマンの怪獣なみの泡攻撃でぜんまいざむらいを固めたが、毛がに丸はかなりおとぼけな感じでした。かっこよく話しいても、後ろを向いていたり、横にしか歩けなかったりとカニの特性を踏まえた設定になっていました。
『お殿様の大切なアレ』のあらすじとこの1枚(week内記事)
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
さまざまな顔のぜんまいざむらいが。細かく見ると、大変楽しめる作品です。
やせたぜんまい
う~ん違和感あり

こんな感じのスマートな姿を目指して、1日25串食べていた団子をやめるダイエットを開始したぜんまいざむらい。顔はげっそりしてきたけど、お腹がぷくっと。豆丸も不思議に思い、「本当に団子は食べてないの?」と疑うが、食べてない様子。おでん屋で。やぐらずしで。あくとり亭で。天丼屋で。(定食屋かなぁ?豆丸はうどんらしきものを食べる)
えびざむらい
ぜんまいざむらいに出てくる食べ物は全部おいしそ~

お好み焼き屋で。あんみつ屋で。豆丸は同じ言葉をかけるが。ぜんまいざむらいは「食べてない」と。もちろん見ているもの全員は早くつっこみたくて仕方ないところ。顔も段々普通にもどり、あんみつ屋あたりでは、アンパンマン風に。そしてとうとう豆丸の「だんごは食べてなくても、それ以外のものをこんなに食べていると当然太る」の一言に本気で「あっ!そうか!!」と気づくぜんまいざむらい。さすがの展開です。それにしても、おいしそうにぜんまいざむらいは食べますね。さて、太ってしまったぜんまいざむらいはこんな感じに。
太ったぜんまい
完全にアンパン!!

まさにアンパンぜんまいざむらい状態ですね。(でもしっかり用意していたおしゃれ着を着ているあたりは最高!!)お茶会に来ていた若者の中でけんかが始まり、必笑だんご剣は、ずきんちゃんに太った姿がわからないようにこんな覆面を。
ふくめんぜんまい
ぜんまいがあるから、ばれるよ


豆丸の形+ずきんちゃんのずきんの色のようなもので顔を隠すが、ずきんちゃんはすぐ「ぜんまいざむらい」と気づくあたりもまたまた最高。バックミュージックの相撲太鼓もいい。ダンスは一身上の都合で省略(もちろん太りすぎて踊れない)を経て、だんご剣という展開。ひと時も気がぬけないスピード感と細かい描写。私にとって、大好きな作品のひとつです。
★せりふ数
ぜんまいざむらい33 豆丸15 ずきんちゃん10
★スタッフ
西園悟脚本 鈴木卓夫絵コンテ 林桂子作画監督
★必笑だんご剣
ずきんちゃん主催のお茶会でけんかを始めた若者。ただしダンス省略
★謎の天蓋男
あまりにも太りすぎ2階を突き破って落ちてきたぜんまいざむらいの下敷きになって「善をほどこしたけれど、太りすぎ」
『だんごダイエット』あらすじのこの1枚(week内記事)
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

今日子どもと本屋に行くと「ぜんまいざむらいぬりえ」を発見しました。セイカノート社から発売されているようです。もちろん買ってやってみました!このページにくわしく紹介
1ヶ月間アンケートのほうをさせていただいておりますが、今日で約半分。9月19日午前0時30分現在207票もの投票を頂きました。本当にご面倒なことをさせてしまい申し訳ございません。そこで本日までの順位ですが、
5位はあくとり代官(20票)
「あんな人よくいる」というコメントを頂いたとおり、親近感がわくキャラクターなのでしょうか?
4位 ずきんちゃん(26票)
「かわいい」という理由が最も多いようです。20歳説に賛成のコメントも頂きありがとうございます。
2,3位は同率なめざえもんとまめまるです(27票)
まめまるは「パーフェクトなかわいさ」「性格がかわいい」「尊敬」というコメントから、内面の良さも支持されている様子です。なめざえもんにはかわいいというコメントはありませんが、本当は…。という期待がたくさんあるようです。
1位は当然ぜんまいざむらい(43票)
もっと圧倒的に支持されると思っていましたが、他のキャラクターも個性的なので仕方ないところでしょうか。
というように今のところ2位から4位が全くどうなるかわからないようになっています。もしよろしければ、皆様のお気に入りのキャラクターを応援する意味も込めて、投票していただくとうれしいです。またぜんまいざむらいWEEk作成上の参考にしたいので、ぜひご協力をよろしくお願いします。
エレキテルの助
後ろのキャラ。なんなんでしょう?
英語のなまりでしょうか。エレキテルの助はどこか外国で勉強し、この技術をからくり大江戸にもってきたのでしょう。商売魂もなかなかのもの「あなたは馬よりはやく走れますか?牛より重いものを運べますか?」とお客様に投げかけます。あと、絵にかいたように後ろからかえるらしきものが、替え歌を歌うのですが、その時のテルの助の表情がでいい!!優越感に浸った、本当に幸せそうな顔をしています。ただ、結局エレキテルの助は店をたたんでしまうんでしょう。でも、いつもと違って、テルの助は完全悪ではなく、テルの助に同情したい気持ちが私には残りました。

第36話『えれき商人あらわる』のあらすじ
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
今週(9/18~)は第36話「えれき商人あらわる」からの再放送
来週(9/25~)は第46話「アクタレざむらい誕生」からの再放送が予定されています。
今日子どもと近所のスーパーに行くとありました。ぜんまいざむらいのお菓子が。ウエハースは少し前から知っていたのですが、今度は玩具菓子!!(大人にとってはこどもが「欲しい!」と言ったら困るやつです)210円ということと、私も好きということで購入しました。ぜんまいざむらい2種、豆丸、ずきんちゃんの4種が発売されているそうです。(スーパーではずきんちゃん売り切れでした)ウエハースと同じすばる堂という会社から発売されています。すばる堂からは今後発売予定されている商品もあるようです。
IMG_1115.jpg

その後斜め板の棚には、ぜんまいざむらいシールガムが。25枚シールが入って105円でした。ついでなので買ってしまいました。
IMG_1116.jpg

エンスカイという会社から発売されていますが、もう既にたくさんのシール系商品が発売されているんですね。
がちゃがちゃも商品が増えてきて、うきうきします。今のところ一番のおすすめは
IMG_1117.jpg

バンダイさんのガチャガチャコーナーにあるシールシート。100円でたくさんシールがついていて、4種類ありますが、4回連続すると必ず違う種類が出てきます。シールもいいですが、かばん型になる形や絵もいいですよ。
20060913204958.jpg
渋い!泣き濡れ戦士

第28話「勝負!泣き濡れせんべい剣」は非常によくできたお話だと思います。名ぜりふもたくさん生まれました。
必笑だんご剣の「笑い」に対して、泣き濡れせんべい剣の「泣き」の対決!どちらで改心させたらいいのかをめぐって、ぜんまいざむらいと泣き濡れ戦士がやりあいます。その標的はずきんちゃんをからくり大江戸の道の往来で泣かせたなめざえもんに。
それを見たぜんまいざむらいは怒り、放送記録となる開始6秒後に必笑だんご剣前の音楽が流れる。と上空から泣き濡れ戦士が。泣いて改心させることが本当に必要なことということでせんべいをなめざえもんに。すると
20060916212405.jpg
なめざえもん泣く時はいつもこうです

「いくらなめざえもんでも泣かすのはいやだ」というぜんまいざむらい。必笑だんご剣を。すると笑って反省。「泣け!」「笑え!」の掛け声のもと、放送記録の14個(スローで見ましたが、速くて正確ではないですが、だいたい)のだんごとせんべいがなめざえもんの口にほうりこまれます。するとなめざえもんはこんな状態に!
20060916212628.jpg
さすがにずきんちゃんも笑いをこらえていました

そこで正式に泣き濡れ戦士がぜんまいざむらいにどちらが強いか決闘を申し込むが、「この刀は戦うためではなく、善を施すためにあるんだ」と言って断る。すると泣き濡れ戦士はぜんまいざむらいを怒らせようとなめざえもんのまげにしょうゆを塗り始めた。これで怒ったぜんまいざむらいはキコキコしてダンスを。だんごが泣き濡れ戦士に、せんべいがぜんまいざむらいの口へ。
すると
20060916212552.jpg

涙をこらえきれない状態を救ったのは豆丸。忍法「百面相」でリアル豆丸に変身(あしたのジョー風)。

20060916212534.jpg
(こんな感じだったと…)

これを見たぜんまいざむらいは涙から一転笑いに転じた。一方泣き濡れ戦士も笑いをこらえるが、なめざえもんの「あちきもぜんまいを応援するでやんす。泣くより笑うほうがいい」と言って立ち上がろうとするがお腹が変!ぼぉーんとおなかだけうきあがる状態になり、それを見たなき濡れ戦士は笑った。結局、「笑って許す必笑だんご剣こそ天下無双の剣である」と言って泣き濡れ戦士は修行の旅に出る。天蓋男もでて、これで終わりかと思いきや今度は
20060916221524.jpg
怒りの用心棒が雷おこし剣で勝負を申し込み、ぜんまいざむらいが困って「またか~」で放送は終了しました。
このお話の面白さはいつもの展開との違い。「怒り→だんご→だんご14個→ぜんまいキコキコ→ダンス→決闘場面に戻り→だんご」といつもと流れがちがい、とても新鮮だったし、おかしくもなかった。むしろ計算され、ぴったりはまっていたように思いました。5分アニメとは思えない時間の流れ方に『さすがだなぁ~』と改めて感心させられました。

次に終わり方も新鮮。天蓋男が普通に「善を施したり」と言って終わったあたりから何かあると思ったが、かみなりおこしがぼろぼろ落ちる用心棒が登場し、最後の最後までいつもの展開との違いで楽しませてもらえました。放送記録も2つ出たし、豆丸の忍法も出た。本当になめざえもんだけでなく、見ている自分もおなかいっぱいになる作品でした。また第2シリーズの初めの話を飾るのはこの怒りの用心棒になります。
★せりふ数★
ぜんまいざむらい16 なめざえもん10 なき濡れ戦士19
ずきんちゃん3 豆丸6 天蓋男1 いかりの用心棒1
★スタッフ★
河原ゆうじ脚本 鈴木卓夫絵コンテ 佐藤清光演出 華房泰堂作画監督
★必笑だんご★
なめざえもんに約14個、なき濡れ戦士に1個
★なぞの天蓋男★
普通に「善をほどこしたり」と一言。
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

第46話『アクタレざむらい誕生』 河原ゆうじ脚本 佐藤清光演出
内容は衝撃的!あくあくあくたれざむらいのおだんごでたでたじゃじゃじゃのじゃー。の歌にあわせただんご剣もすごい。とにかく5分間、アクタレざむらいのせりふの緊張感、隙がなく、斬新な描かれ方にびっくりの連続でした。ドラえもん・デビルマン風のなめざえもんも注目!!
評・脚本10点・ユーモア10点・展開10点・教訓9点・ふしぎ度10点 計49点/50点
詳細は後日研究します。
第47話『だんご屋のかみちよねーさん』 西園悟脚本 佐藤清光演出
かみちよねーさんはふしぎな女性です。今回は何と言っても天蓋男に対して「いつもご苦労様」と折鶴のメッセージを渡したところ。この先のかみちよねーさんにも注目ですね。お話はかみちよねーさんの気転のきく頭の良さが際立ったいい話でした。
評・脚本7点・ユーモア5点・展開8点・教訓6点・ふしぎ度5点 計31点/50点
第48話『ゲイジュツ大バクハツ』 河原ゆうじ脚本 佐藤清光演出
今回の作品は芸術ということで、奥の深さがかくされているのでしょうが、一般人の私には、その深さが読めませんでした。ゲイジュツ野郎の「~アート」で終わる言葉遣いも少し残念。最後のふすまがいつもと違うところぐらいかなぁ~。
評・脚本3点・ユーモア4点・展開3点・教訓3点・ふしぎ度3点 計13点/50点
第49話『流れ星に願いを』 北条千夏脚本 佐藤清光演出
ぜんまいざむらいの抱いた期待は十分にわかります。しかしずきんちゃんは…。なかなか難しい女性のようですね。ところでぜんまいざむらいにでてくるお団子は本当においしそうですね。団子に限らず、食べ物はすべてそうです。本当にハイジのチーズ級だと思います。
評・脚本6点・ユーモア4点・展開6点・教訓4点・ふしぎ度5点 計25点/50点
第50話『小天狗テンテン』 小松崎康弘脚本 佐藤清光演出
今日は5分という時間の使い方がいまいち。波がなく、時間を持て余したような感じもありました。話も奥の深さが足りなかった。来週から再放送週間が始まり、さびしいなぁ~と思っていたのに、この作品が最後とは、とても残念!
評・脚本0点・ユーモア1点・展開0点・教訓1点・ふしぎ度0点 計2点/50点
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
20060914215212.jpg

『西洋寺子屋一日体験』の中で言葉が通じなくて怒り、コサックダンスをしたロシア人はこんな感じだった。なめざえもんも、そして頼りのピエールも何を言っているのかわからないけど、見ている私たちには、明らかにトイレとわかりました。だって時々「といれ~」らしき言葉を使っていましたもんね。「言葉が通じなくても、心で通じることができる」これがぜんまいざむらいのきめぜりふでした。基本的にこのロシア人はいい人だったみたいです。
『西洋寺子屋一日体験』のあらすじ

                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
いっぷく
横にある水車の動力で動きます


いっぷくはぜんまいざむらい豆丸が居候しているだんご屋さんです。2人がいなかった時は、屋上がなく、もちろんすべりだいもありませんでした。きっとおばばが2人のために作ってくれたのでしょうか?
売っているお団子の種類は豊富ですが、三色団子(たまに4色団子も売っている!?)を中心に販売しています。だんご屋「いっぷく」の店内が「だんご屋のかみちよねーさん」「三日月池のウワサ」で少しわかりました。メニュー表が壁に掛けられていましたが、「~」みたいに何を書いてあるのか分からないものでしたが、「みたらし」だけははっきりと書かれていました。みたらしが目玉商品ではないはずなのに、この辺はぜんまいざむらい特有の不思議なところか。またおばばの寝室には「みたらし」の掛け軸がありました!!(ちなみにおばばのふとんはだんご柄でした)
★店のメニュー掲示に「ごま」も発見しました。また第2期シリーズでは、オートメーション化され、だんごを作るのも全自動で行われている模様です。
★配達業務を行っています。(『迷子のアミダくん』より)
いっぷくの経営者おばば(week内紹介記事)
『ぜんまいざむらい誕生』(第1話のあらすじ)
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
かみちよねーさん
みんなからあこがれのまと

かみちよねーさんはふしぎ度満点の人。この人はもしかしたら…。といろんなことを想像させられる人物です。そして真の大人です。ほとんど目にしませんので情報が少ないですが。

●折り紙が得意。
●寺子屋でも千代紙を教えている
●「きんさん」(金魚)と一緒に住んでいる
●うらないをする
●なぞのてんがい男の存在と役割を知っている
●年齢はもしかすると30代かもしれない?(今までのお話からの想像ですが…)
●人をけなしたりすることはなく、何でも褒めてくれる
●昔、歌舞伎役者やお相撲さんと恋の噂話があったらしい
●占い箱で的確なアドバイスをおくる
●あっちむいてホイが強い
●子どもの頃くのいちにあこがれていた
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
来週18日(月)からの「ぜんまいざむらい」

第36話「エレキ商人あらわる」からの再放送週間が予定されています。
ずきんちゃん全身
ずきんちゃんは、かくのが一番難しい


ずきんちゃんは誰からも好かれる女の子。しっかりしてて、少し頑固なところもあるけど、みんなのあこがれの存在。だけど、自分で欠点だと思っているくせっ毛をかくすためにずきんをかぶっている。
●唯一親族関係が描かれている
●ずきんの下はくせっ毛
●小さいときはずきんをかぶっていない
●男の人には「~様」づけ。(ぜんまい様・なめざえもん様・あくとり代官様確認済み)
●ただし豆丸には「まめまるさん」「まめまるちゃん」
●甘いものが好き
●お茶をちゃじじから習っている
●年齢は20歳前後? こんな想像から
●いっぷくで働いたとき、看板娘となり、長い列ができた
●「ぼたん」という犬をかわいがっている ぼたんちゃんはこんな犬
●将来の夢のずきん職人になるため、学びの塔へ通っている
●おばばへは「おばば様」
●大江戸小町として自分のキャラクターグッズが人気となる
●オリジナル音楽あり 歌詞「そよかぜにのって あの丘へつけば 私は幸せなの」
●犬語がわかる?!
●ウキワがないと泳げなかった
●宇宙結婚第1号
●美的感覚が微妙
●ぽっちゃりという言葉に強く拒絶反応
NEW回文に強い
ずきんちゃんも普通の子どもアニメにある、容姿端麗でやさしい性格のマドンナであるが、決定的な違いは「ずきん」で自分のコンプレックスを隠しているところ。でもそのコンプレックスを隠す道具の名前で呼ばれて、普通に応対している「ずきんちゃん」…。深く考えるものでもないと思いますが、少し引っかかりました。また唯一家族が描かれている点も。ぜんまいざむらいを見ていて、『何かさびしい』ものを感じるときがあるのですが、そのせいでしょうか。まぁ、ここまで来て家族を出すのは違和感がありますが、みんなさびしいものを持っていながらも、楽しく過ごしているように思えて仕方ありません。
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

ぜんまいざむらいツアーの皆様へ⑥
ツアー続行ずきんちゃんはくせ毛を隠すためにずきんをしているという、今までのヒロインとは少し違った描かれ方をしています。次にぜんまいざむらいの相棒の忍者さんの紹介です(絵をクリックしてください)

ピエール

町人ピエールはポルトガルからやってきた外国人。西洋寺子屋で教えています。日本語はとても流暢ですが、末尾に「~ごんす」とつけるくせがある。

●まげは金髪(幼少期はおかっぱ)
●町の女衆はみんなピエールが大好き
●早口ことばが得意
●ロシア語はわからない
●よく食べ物屋さんに登場する
●女性に対しておくて?
●本当は猫屋おせんさんのことが好き?
●鼻歌を歌っていることが多い
●日本語の「ぱぴぷぺぽ」の響きが異様に好き
●だんごやおばばとの手をつないで踊るイメージ映像が多い。
●あくとり代官・茶じじと特に仲がいい
●謝るときは「ソーリーソーリー、ひげソーリー、かみソーリーでごんす」
●頭にはオリーブ油を塗っている
●生粋のロックンローラらしい
●本国にはお母さんと妹2人残している
NEW催眠術が得意?!
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
なめざえもん
このブログのアドレスはnamezaemonです

なめざえもんはぜんまいざむらいのライバル。必笑だんご剣のだんごを食べる回数も多い。
●オリジナルのバックミュージックもあり。
●お金もち
●ずきんちゃんのことが好き
●ずきんちゃんが、かごにひかれそうになったとき、お礼を言われてひとめぼれ。
●歯が丈夫
●刀には小判がささっている
●かさにもこばんがつるされている
●すしのネタは「うに」「とろ」「いくら」が好き
●英語が少しわかる
●まげがじまん
●くつをはいている
●20才以上?(お酒を飲んでいたので)
●寝ているときは紫色のファーを巻いている。下着も紫色
●はかま以外にふとんにもNZの文字入りのものを使っている
●船にはピンク色のファー
●ぜんまいざむらいが死にそうなピンチの時、涙を流して悲しんだことがある
●必笑だんご剣に対して、なめざえもんは小判剣
NEW仕事はしていない様子
●「おのれ!!」は「おにょれ!!」と言う
●笑い声は「にょほっほっほっ」
●まげには椿油を塗っている
●お母さんはいるがお嫁探しを口実にひとりぐらし
●なめざえもんの家では5歳になるとお嫁さんを決めるしきたりがある
●アクタレざむらいを救う必殺技「なめざえもん静電気パワー」はデビルマン風
●豆丸に対しては「あーた」「忍者小僧」と呼んだりする
●小判剣はなめざえもんが抜かないと普通の刀
 ただし大福の神は抜いたら小判。
●ずきんちゃんへは「いとしこいしのずきんちゃん」と呼ぶことが増えた
●歯みがきは嫌い。でも虫歯治療後、金色の歯ぶらしを作る
●つむじが4つあり、ねぐせになりやすい
●専属の踊り子さん、弓部隊を持つ
NEW初めてのお給料はいっぷくからもらった小銭
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

ぜんまいざむらいツアーの皆様へ⑤
ツアー続行なめざえもんは「金さえあれば何でもできる」という考え方。子ども番組ですから、このあたりはとてもわかりやすい悪となります。ぜんまいざむらいとはライバル関係ですが、ずきんちゃんというヒロインの存在もその要因のひとつです(絵をクリックしてください)


第36話『ナベのかたき』 河原ゆうじ脚本 佐藤清光演出
少しというか、かなりショックな内容。河原さん・佐藤さんという私の中での"黄金コンビ"だったのでがっかり度はかなり…。何が面白かったのか、説明できない。救われるのは…ファンである私でも「ない」と思いました。何か伏線となる作品なのでしょうが。今のところ、最も残念。
評・脚本0点、ユーモア0点、展開0点、教訓0点、ふしぎ度2点 計2点/50点
第37話『なめざえもんのわな』 石川智子脚本 佐藤清光演出
今のところ、石川智子さん脚本の作品が好きです。ピエールの赤い鼻は鼻炎?ずきんちゃんはぜんまいざむらいのことを本当に好き?見ていて想像力が膨らむお話でした。でも必笑だんご剣がでない!!3話続けてですが、土日もはさんでいるので5日見てない。ちょっときつい。
評・脚本6点、ユーモア8点、展開5点、教訓7点、ふしぎ度4点 計30点/50点
第38話『豆丸、お手』河原ゆうじ脚本 佐藤清光演出
久々の必笑だんご剣は、なんなくあくとり代官っぽい「犬養夫妻」へ。お話自体はいつもどおりの面白さでした。意外だったのは、豆丸がぜんまいざむらいのひとつしかないお団子を奪うなんて…。少し意外な出来事でした。
評・脚本6点・ユーモア6点・展開4点・教訓4点・ふしぎ度7点 計27点/50点
第39話『ぜんまいざむらい大ピンチ』大野木寛脚本 佐藤清光演出
今日の話は、なぞの天蓋男が雲の上をピョンビョン跳んで大福の神に話すという珍しい始まり方。ぜんまいを動力で船を動かすなんて、予想もつかない展開に少し驚きました。なめざえもんはぜんまいのことに少し好感をもっている?
評・脚本6点・ユーモア5点・展開8点・教訓5点・ふしぎ度4点 計28点/50点
第40話『星が落ちてくる!?』河原ゆうじ脚本 佐藤清光演出
再びあやしい大阪弁をあやつる十万屋兄弟が登場。今回のインチキは星が落ちてくるのでロケットで逃げようという壮大なもの。もちろん失敗するが、前回はショーグンザルが、今回は天蓋男が万兵衛の頭の上に落ちてきました。このあたりの共通性はさすが!
評・脚本6点・ユーモア8点・展開6点・教訓5点・ふしぎ度7点 計32点/50点
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
ぜんまいさむらい
泣いたぜんまいも、笑うぜんまいざむらいも大好きです

ぜんまいざむらいはもともと「ぜんのすけ」という名前のどろぼうだった。忍び込んだ先でだんごを食べていたら、ねずみに驚かされて、井戸の中に落ち、死んでしまった。そこに「大福のかみ」が現れて「いい行いをしなさい。ならば、ぜんまいを与え、いい行いをするたびに天から巻いて、いき続けることができる。」と。そして必笑だんご剣が使える剣を与えられる。必笑だんご剣とは、その団子を食べてしまうと気持ちが朗らかになり、悪いこともすぐ反省するという不思議なものです。

●団子屋「いっぷく」にお世話になる
●忍者の見習いである豆丸と仲がよく、信頼している
●ずきんちゃんのことが好き
●寝相が悪い・寝言を言う
●だんごを1日25串食べる
●新しいものに抵抗感がある
●いつもの服以外によそ行き用のおしゃれ服がある
●寝るときは白い着物
●年齢はわからない
●英語は全くわからない
●善をほどこす時以外は剣を抜かない方針
●三色団子の白いのが特に好き
●大福の神(ぜんまいざむらいは「だいふくだいちゃんと呼ぶ)はぜんまいざむらいしか見えない
●高い場所でも全然平気
●涙もろい(犬養夫妻の本当かうそかあやしい話でも泣いていた)
●泳ぎはかなりうまい
●見栄城のロープウェーに乗っているときの表情は無表情
●コマ回しが得意
●頭には機械油を塗らないとぜんまいの調子が悪くなる
●必笑だんご剣はぜんまいざむらい以外の人は抜けない
●食べ物には目がない
●電気ショックを受けるとアクタレに
●口への命中率は電波のようなもので察知しているおかげ?!
●酸っぱいものが苦手
●ぜんまいざむらい以外必笑だんご剣は抜けないが、抜けていたら使える
●ねずみが大の苦手
NEW「おいらのぜんまいキコキコしちゃう」さかさ言葉では剣をぬけない
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

ぜんまいざむらいツアーの皆様へ③
ツアー続行簡単に今までの話からわかったぜんまいざむらいの紹介でした。次にぜんまいざむらいの必笑だんご剣について紹介します(絵をクリックしてください)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。