NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱり気になる「おばば・天狗・からくり」の関係。
第1話『ぜんまいざむらい誕生』と第50話『小天狗テンテン』を何度も見ています。
今までの記事では
テンテンぎくっ
小天狗テンテンは初見にもかかわらず、必笑だんご剣と聞いただけで『ぎくっ』と言い、驚きを示した。《必笑だんご剣の存在を知っていたのでは!!!》

おばば天からびっくり
ぜんまいざむらいが初めてからくり大江戸に落ちてきた時、おばばは「天狗さまじゃー」と叫んだこと《なぜ「天狗」のことを口にしたのか?理由が不明!!!
の2つを紹介しましたが、今回は2つ追加です。まず最初に
テンテンにたこあげ遊びをしていた豆丸やすぎんちゃんはとばされるが、いるはずもないおばばがなぜかそこにいたこと。これはぜんまいざむらいも「いつのまにおばばが」と叫んでいます。
あの場所におばばがいたのはどう考えても不自然!!!》
テンテンが改心して、止まっていたやぐら寿司や船のからくりに風を起こし、助けたこと。
風力、水力でからくりは廻っているけど、それには天狗のうちわが何か関係しているのでは!!!》
おばばの声優さんは大御所の野沢さん。大福の神も大御所の滝口さん。
キ-パ-ソンでは!!!》
勝手な推測ですが、わたしは必ずこの「小天狗テンテン」は今後の伏線になっているのでは思って、これからのお話も楽しみにしていきたいです。
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
スポンサーサイト
湯のつもり
冷たい滝もお湯だと思えば…

『あくとり代官修行する』 第32話 西園悟脚本
社会にはびこる悪は迷いが原因。自分がきちんと灰汁をすくっていないからだと責任を感じるあくとり代官。店を休み、たまたまいたぜんまいざむらいを共に修行に出ることに。あくを掬う練習や、なぜか滝に打たれたり、あくとりスプーンでチャンバラの練習を繰り返す。やがて修行の成果がでて、おいしい鍋ができあがる。これで社会の迷いが断ち切れ、悪がなくなると考えたが、ぜんまいざむらいが店に人が入りきらないのではとするどい突っ込み。そこであくとり代官は考えた。ある日ずきんちゃん茶じじが夕食のメニューで迷っていると、畳下から「出張あくとり代官」と称して登場する。2人の迷いは消えたが、ぜんまいざむらいから「迷惑だね」とまたまたするどい突込みが。
あくとり代官紹介ページ
出張あくとり代官の絵はこんな感じです
第31話『だれからの手紙』                 第33話『なめざえもん、ぱぱになる』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
以前ぜんまいの巻き方についての貴重なコメントをいただきました。少し気になったので、調べて見ました。
やはりほどく方向(おいらのぜんまいきこきこしちゃう)と巻かれる方向は逆です。
ぜんまいキコキコ天から


そして【ほどく回数+1=巻かれる回数】がほとんどの話に当てはまりますが、例外も。
+1以上多く巻かれた例
『からくり長屋は大さわぎ』  ○ほどいた回数1 ●巻かれた回数6
『紅白歌じまん合戦』    ○ほどいた回数1 ●巻かれた回数3
『エレキ商人あらわる』   ○ほどいた回数0 ●巻かれた回数3
『お殿様の大切なアレ』   ○ほどいた回数0 ●巻かれた回数3
『豆丸、お手』        ○ほどいた回数1 ●巻かれた回数3
『なめざえもんぱぱになる』 ○ほどいた回数0 ●巻かれた回数3
少なかった例
『三日月池のウワサ』     ○ほどいた回数3 ●巻かれた回数0
『勝負!泣き濡れせんべい剣』○ほどいた回数3 ●巻かれた回数2
同じだった例
『だんごダイエット』○ほどいた回数3 ●巻かれた回数3
『小天狗テンテン』○ほどいた回数3 ●巻かれた回数3
それぞれの共通点は何でしょうか?また気づかれたらコメントをいただくとうれしいですが、わたしが見た感じ…わかりません。でも、巻かれるのが少なかった時、同じだった時はずきんちゃんが出ていますね。
ただ単に放送時間の調整だけなのでしょうか…。おしえてくだ~い。
あとちょっと気づいた「ぜんまい」に関することです。
◎最短キコキコは『勝負!泣き濡れせんべい剣』の放送開始6秒後です
◎最多巻かれる数は『ぜんまいざむらい誕生』と『ぜんまいざむらい大ピンチ』です(計測不能)
◎必笑だんご剣ダンス『お殿様の大切なアレ』の時はバック画面が泡の中みたいでした
◎ぜんまいは横顔でも絶対正面から見たように描かれる。例えばこんな感じです。
ぜんまい寝る

といろいろと深く考えて見たのですが、決定的なものはなく申し訳ございませんでした。ただ、毎回ぜんまいをまわしたり、戻ったりする数は違うみたいです。またそのあたりも注目して、これからも放送を見ていきたいと思いました。
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
第31話 『だれからの手紙』 石川智子脚本
郵政公社のマークの入った飛脚の飛び助であるが、信用性は全くゼロ。注目はピエール。猫屋おせんが話しているとき、すでに顔が赤い。ピエールはかみちよねーさんではなく、猫屋おせんのことを本当は好きなんじゃないでしょうか?でもお団子デートって言い方はいいなぁ。
評・脚本5点 ユーモア5点 展開7点 教訓4点 ふしぎ度4点 計25点/50点

第32話 『あくとり代官修行する』 西園悟脚本
テーマは心の迷いでしょうか。あくとり代官も、ずきんちゃんも、茶じじも天蓋男もみーんな迷いますが、ぜんまいざむらいはいつものまんま。そこがいいところです。ただあくとり代官が出てくると言葉が難しい!!辞書が要りますね。子どもはわかっているのかなぁ。
評・脚本3点 ユーモア3点 展開4点 教訓6点 ふしぎ度3点 19点/50点

第33話 『なめざえもんぱぱになる』 石川智子脚本
雨で出会い、突然の雨で、涙の別れが。最後の描き方は本当にすばらしい。この作品はこどもだけのアニメではもったいないほどのでき。大切な黄色のファーを振って犬を追い払うなめざえもんも印象的。でもたんご剣を急ぐ場面だったのにダンスをしたぜんまいざむらいもよかった
評・脚本9点 ユーモア7点 展開10点 教訓8点 ふしぎ度7点 計41点/50点

第34話 『大江戸エドワングランプリ』 大野木寛脚本
クラッシュの中に今までのゲストキャラクターがいて、ファンには楽しめました。各自特徴ある自動車を作っていましたね。ずきんちゃんのいちごはよくわかりませんが…。最後、まっちゃのおかげで勝った茶じじの展開は良かったです。
評・脚本7点 ユーモア7点 展開8点 教訓6点 ふしぎ度5点 計33点/50点

第35話 『西洋寺子屋一日体験』 西園悟脚本
英語がわかる豆丸は意外でした。 結構理解していましたね。話は最初から「トイレー」と言っていたのでだれがどのようにして気づくかがポイントでしたが、案外普通におさまってしまった感がありました。ロシア人がいるなんて、江戸後期なんでしょうか?
評・脚本5点 展開4点 ユーモア8点 教訓7点 ふしぎ度8点 計32点/50点
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
おばばに引くふたり

『だれからの手紙』 第31話 石川智子脚本
ぜんまいざむらいずきんちゃんとお団子デートをしたいということでいっぷくのお団子と手紙をずきんちゃんに贈ることに。配送は飛脚の飛び助に頼むがかなりのあわてんぼう。いきなり堀に落ちてしまう。ずきんちゃんへ届けるつもりが間違えてピエールのところへ。ところがピエールの見た手紙は先ほどお堀に落ちた影響で何が書いているかわからない状態。「だんごはいっぷくでごんす」というわけで受取を断ると今度はいっぷくへ配達する。ちょうどおばばがいたので、飛び助はおばばに「ピエのじ」からと言って団子を。おばばは手紙を見ると先ほどよりもっとにじんでしまっている。でもよーく見るとハートマークに見える!!その後はいつもおなじみのあれ(絵)
何も知らないずきんちゃんが偶然家に来てくれ、ぜんまいざむらいは幸せなひとときを過ごすのであったが、ピエールはおばばと不憫なひとときを過ごすのでした。
《初回放送 2006年7月10日》
だんご屋おばば(week内記事へ)
第30話『大関おけつ山』                      第32話『あくとり代官修行する』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
今週11月1日(水)深夜1時から3時までNHK教育テレビで2時間放送されることが公式ホームページで発表されています。放送内容はこちら
それに伴い、今日からぜんまいざむらいweekも通常の記事に加え、放送記念記事を更新していきたいと思っています。

記事予定
日曜日・前々々夜際記念『ぜんまいざむらい誕生』お話研究
月曜日・前々夜祭記念『ぜんまいの巻かれ方』研究
火曜日・前夜祭記念『やっぱり気になる、おはば・天狗・からくりの関係』研究
水曜日・名作『なめざえもんぱぱになる』お話研究
      放送後の夜中も記事更新!!!
木曜日・再放送MVPは?
金曜日・『バックミュージック』研究①(これはできるかどうか…苦労しています)
ぜひ、ぜんまいざむらいweekをよろしくお願いします
善之助は死んだのじゃ
貴重な髪型!!

貴重なぜんまいのないシーンです。200年前いっぷくにそっくりなだんご屋にどろぼうに入って、だんごを盗み食いしていたぜんのすけ。ねずみの鼻を団子と間違ったことに驚き、井戸の底に。気がつくと、「ここ、ここ、ここは井戸のそこ。そこ、そこ、そこが重要」「わしはわし、わしはタカじゃない、わしはわし、わしは大福の神じゃ」(もちろんラップ調です)大福の神全歌
大福の神
大きさ自由自在の大福の神

そして軽いノリだった大福の神に、突然まじめな声で、「ぜんのすけ、お前は死んだのじゃ」と告げられると、ぜんのすけは「おいらまだやりたいことがいっぱいあったのに~」と泣きじゃくります。
本当に初回の話にしては重い始まり方…。もしこれが本当なら、かわいそうな亡くなりかただなぁと思います。おまけに頭にぜんまいまで。
ぜんまいざむらいが大好きですが、よーく考えてみると、「頭にぜんまい」ですから。いまでこそ「ぜんまいかっこいいなぁ」と思ったりしますが、やはり「頭にぜんまい」ですから…。第2話ではなめざえもんにそのぜんまいをばかにされます。でも必死に生きていこう。いいことをして生き返りたい、"生きたい"と強く思うぜんまいざむらいは何かのメッセージをわたしたちに伝えているようにも思いました。
そして大福の神は必笑だんごを渡します。
初めての必笑だんご

この必笑だんごはぜんまいざむらいが強く生きていく術というか、命綱というか。
ダンスまでは大福の神は何も言ってなかったので、ぜんまいざむらいオリジナルかも知れませんが、とにかくぜんまいざむらいは生きていくことを選び、からくり大江戸の町に行くことになります。その後、おばばの前に落ちるわけですが、しつこいようですが、おばばの「天狗さまじゃ~」という発言と小天狗テンテンの必笑だんご剣と知った時の反応は気になります。考えすぎかも知れませんが、このお話はいろいろなことを考えさせられる深いものだと思います。
★せりふ数★
ぜんまいざむらい(21) 豆丸(5)
大福の神(10) おばば(3)
★スタッフ★
大野木寛脚本 やすみ哲夫絵コンテ 小堤一明作画監督
★必笑だんご剣★
なし
★謎の天蓋男★
この第1話のみ出番なし

ぜんまいざむらい紹介ページ(week内記事へ)
大福の神紹介ページ(week内記事へ)
おばばの「天狗さまじゃ~」発言について研究(week内記事へ)

ぜんまいざむらいツアーの皆様へ②
ツアー続行これが頭にぜんまいがついている理由です。さて、それではぜんまいざむいはどんな人物なんでしょうか?(絵をクリックしてください)


                                      お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
からくり水族館玄関
入り口はホタテ貝

からくり大江戸の町について少しずつ書いていきたいと思います。最初は「からくり水族館」です。もちろんからくり大江戸の建物はてっぺんに特徴がありますが、この水族館は玄関もおもしろく、ホタテ貝のようなものがどーんとたっています。中は竜宮城のような水槽の中をふつうの魚が泳いでいました。アクタレざむらいにした問題の電気なまずは1匹だけの特別展示でした。
電気なまず
何も悪気がないなまずが原因でアクタレざむらい誕生!!

さて水族館のてっぺんは
いるか天晴
あっぱれ

いるかです。いるかの上にはなぜか「あっぱれ」と書かれた扇子が。また口からすべり台のようなものも。今都会の屋上にジェットコースターや観覧車が作られて注目されていますが、そのあたりは充分意識されているのでしょうか?すべり台はいっぷくの屋上も作られているし、好きなんですね。見た感じはとても楽しそうな施設であることはからくり大江戸の共通点ですね。ただ、水族館といえば、海などの近くに作られることが多いということなのですが、からくり水族館は映像を見る限り、海などは近くになかったように思います。まぁ不思議度満点の建物には間違いないですね。

からくり大江戸のまちカテゴリーページへ
あくたれざむらい研究①
あくたれざむらい研究②
あくたれざむらい研究③
大関おけつ山
やっぱり「大関」なので強いでしょ

『大関おけつ山』 第30話 やすみ哲夫脚本 佐藤清光演出
尻相撲99連敗中の大関おけつ山。思い悩み川へ飛び込もうとしていたところをぜんまいざむらいに助けられる。猛特訓を始めるがお腹がすいて、ばててしまうおけつ山。仕方なく、必笑だんご剣を。本場所が始まり、連戦連勝で千秋楽へ。相手は横綱尻の海!尻で押されて土俵を割りそうになるが、ぜんまいざむらいの必笑だんご剣ダンスを見せられ、その腰つきで横綱を押し返し、逆転勝利を収める。
《初回放送 2006年6月23日》
weekではおもしろい話 第4位の評価(三行感想ページへ)
第29話『どろぼう猫の虎次郎』                     第31話『だれからの手紙?!』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
11月1日(水)深夜1時から3時まで一挙2時間再放送決定だそうです。気になる傑作選24話は
とらじろうの子猫
ちょうど子猫が4匹でよかったね

『どろぼうねこの虎次郎』 第29話 大野木寛脚本 佐藤清光演出
ぜんまいざむらいが休憩時間に食べようとしていた三食団子がない!犯人は近所のさなえさんちの魚をとったり、かみちよねーさん金さんをねらったりしたことで有名な泥棒猫の虎次郎だった。寝床をつきとめようと、えさに風船をつなげて、それを目印に追跡すると、土管の中に。虎次郎を呼び出し必笑だんご剣をしようした瞬間、後ろから4匹の子猫が。お腹をすかしている子猫のために泥棒を繰り返していた虎次郎にたしなめた後、必笑だんご剣のだんごを4匹の子猫にあげるぜんまいざむらいでした。
《初回放送 2006年6月22日》
さなえさんについて《ぜんまいざむらいweek内記事へ》
第28話『勝負!なき濡れせんべい剣』                   第30話『大関おけつ山』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります 
話は5分いないで
話は5分以内でと厳しく注意する豆丸

『勝負!泣きぬれせんべい剣』 第28話河原ゆうじ脚本 佐藤清光演出
なめざえもんずきんちゃんを泣かしていた。怒ったぜんまいざむらいは必笑だんご剣を。と思ったら泣き濡れ戦士が登場。ぬれせんべいを食べると泣いて反省する剣の持ち主のようだ。いくらなめざえもんでも泣かせておくのは気の毒と思ったぜんまいざむらいは必笑だんご剣を。対抗して泣き濡れ戦士も。だんご、せんべい、だんご、せんべいの連続になめざえもんのお腹はふくれあがりダウン。そして笑って反省する必笑だんご剣と泣いて反省する泣きぬれせんべい剣の対決が。泣き濡れ戦士にだんごが。ぜんまいざむらいにはせんべいが。それぞれが負けじとこらえる。ぜんまいざむらいが泣きそうになっているところを救ったのは豆丸のあしたのジョー風に変身した忍法百面相。その顔に笑う。逆にわらいをこらえる泣き濡れ戦士はなめざえもんのふくれあがったお腹でピョンビョンする姿に思わず笑ってしまい、必笑だんご剣の勝ちが決まる。そして泣き濡れ戦士が修行の旅に出たあと、今度はかみなりおこし剣をもったものが新たに挑戦状を。ぜんまいざむらいは「もうこりごり」と言って話が終わりました。
『勝負!泣き濡れせんべい剣』おはなし研究へ
第27話『おねしょをかくせ』                      第29話『どろぼう猫の虎次郎』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
おねしょをかくせ
名場面のひとつです

『おねしょをかくせ』 第27話 石川智子脚本 佐藤清光演出
まめまるがそら豆型のおねしょをした。みんなに隠れてふとんを干そうとするが、滑り台からは犬がいて降りられない。だから仕方なくぜんまいざむらいの部屋を通らないと下へは行けない。その途中、ちゃぶ台を倒して、絵のような状態になったり、何回もぜんまいざむらいが寝言を言うので、その度に寝たまねをしたりと…。そして最終的には、ぜんまいざむらいのねぼけたままの必笑だんご剣がとんできて、豆丸はおねしょを隠さないでおばばに正直に言うと改心して再び眠りにはいるのでした。朝、何も覚えていないぜんまいざむらいに話すと「よしおいらにまかせといて」おねしょの丸い部分をうまく団子のように見せて、旗のようにして、屋上に干すのでした。
《初回放送 2006年6月20日》
『おねしょをかくせ』おはなし研究
今週の3行感想
第26話『三日月池のウワサ』               第28話『勝負!なき濡れせんべい剣』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
第26話 『三日月池のウワサ』 北条千夏脚本 佐藤清光演出
今回のなめざえもんの"悪事"は少しよくわからないですね。何がしたかったのか…。あと今回は2人がデート中ということで、豆丸ひとりでいつも通り、おばばの悩殺ポーズに「でたぁ~」と驚いていましたが、少しさびしいですね。やっぱりあれはぜんまいざむらいと一緒がいい。
評・脚本4点 展開2点 ユーモア4点 教訓3点 ふしぎ度2点 15点/50点 

第27話 『おねしょをかくせ』 石川智子脚本 佐藤清光演出
展開の緩急がすばらしい。しっかり計算されたすばらしいお話。豆丸が邪魔された不思議な犬もよかった。テーブルを手に、足で湯のみ、口で急須、そして急須のふたが落ちるところなんかは予想の域を越えて、よかった。最後のおちだけ普通でした。
評・脚本9点 展開9点 ユーモア9点 教訓7点 ふしぎ度9点 43点/50点
第28話 『勝負!泣きぬれせんべい剣』 河原ゆうじ脚本 佐藤清光演出
いつもと違う話の流れ、泣くせんべいか?笑うだんごか?の勝負に豆丸となめざえもんの存在が大きく影響したこの話。最多必笑だんご剣、放送開始最短「ぜんまいきこきこ」などの記録を持つこの話。わたしはかなり好きです。詳しくは話きれないのでここで
評・脚本9点 展開10点 ユーモア10点 教訓5点 ふしぎ度8点 計42点/50点
第29話 『どろぼう猫の虎次郎』 大野木寛脚本 佐藤清光演出
さなえさんは許可済みだろうか?NHKも柔軟になっていい感じです!ふうせんで虎次郎を追っていましたが、修行中の身とはいえ、豆丸はさすが!見なおしてしまいました。子猫の一番左の猫。もしかして、おねしょをかくせの猫と関係ないですよね。ちょっと似ていた。
評・脚本6点・展開5点・ユーモア5点・教訓8・ふしぎ度3点 27点/50点
第30話 『大関おけつ山』 やすみ哲夫脚本 佐藤清光演出
もちろん99連敗していたら、大関の地位にいられないというのは論外にして、尻相撲という発想が驚き!行司もよかった!「おしり用意」はまぁいいですが、「見合って見合って」が「しりあって!」これはすごい。もちろんNHKには苦情がきてるでしょうが、負けずにがんばってほしい!!
評・脚本9点・展開6点・ユーモア10点・教訓6点・ふしぎ度10点 41点/50点

                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
三日月池のウワサ
いい感じの2人


『三日月池のウワサ』 第26話 北条千夏脚本 佐藤清光演出
三日月池の橋の上でデートをすると別れるというウワサを聞きつけたなめざえもんぜんまいざむらいずきんちゃんに「今日の夜、三日月池の橋の上で待ち合わせ」をする旨のうその恋文を書く。やってきた2人に「早く別れろ!」罵声を浴びせるなめざえもんに、まわりのカップルも「私たちも別れないといけないの」と泣き出し、怒りだす。ぜんまいざむらいは怒り、必笑だんご剣を。なめざえもんは改心し、お詫びに花火を。おばばはちゃっかりラブラブ団子を売りだすのでした。
《初回放送 2006年6月19日》
第25話『紅白歌じまん合戦』                       第27話『おねしょをかくせ』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
大福の神
大福の神、大き~い

ぜんのすけが死んだ時、ぜんまいを付けて助けたのが大福の神。登場することはめったにないです。ただ、すごい神様のようですが、敷居はとても低い感じです。
●大きさは自由自在に変えられる。
●ラップ調で話すことが多い。
●だじゃれ好き?
●ぜんまいざむらいからは「大福だいちゃん」と呼ばれている
●謎の天蓋男を見張り役にしている
●住んでいる場所はいっぷくの裏にある井戸の中
●神様幼稚園出身。貧乏神と同期。
●ぜんまいざむらい、天蓋男、わたあめ姫以外の人には見えない
●映像を指一本でみせることができる
NEW●天気を変えられる下駄を持っている
『ぜんまいざむらい誕生』お話研究
大福の神ラップの全歌詞
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
「おいらのぜんまいきこきこしちゃう」
必笑だんご剣きめ
「いざ、おいらの必笑だんご剣を受けてみよ」はいつものぜんまいざむらいのせりふですが、
第50話に登場した小天狗のテンテンは初登場にも関わらず、以下のような反応を

ぜんまいざむらい「いざ、おいらの必笑だんご剣を受けてみよ」
小天狗テンテン「ギクッ」
テンテンぎくっ

この「~受けてみよ」と言われ、ギクッとしたのは過去になめざえもんと十万屋兄弟がいますが、既に以前だんごを食べていますから、「ギクッ」とするのはわかるのですが、テンテンは初めてなのに…。
あともうひとつ気になることが。第1話『ぜんまいざむらい誕生』でぜんまいざむらいが天からおばばの前に落ちてきた時におばばが「てんぐさまじゃ~」と叫んでいました。
おばば天からびっくり
この発言、気になります…。何かの伏線かなぁ…。考えすぎですね。

第50話『小天狗テンテン』のあらすじ(week内記事へ)
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
歌合戦・なめざえもん
バックダンサー雇っていますから

『紅白歌じまん合戦』 第25話 河原ゆうじ脚本
あくとり代官主催の歌合戦が行われた。おばば見栄城の殿様茶じじなめざえもんと歌っていくが、テーマ性が足りないという理由で、すぐ鐘がカーン。もっと歌わせろとみんなはマイクを取り合い、あくとり代官とけんかに。怒ったぜんまいざむらいは、いつものダンスと必笑だんご剣を。それを見たあくとり代官は、ぜんまいざむらいに優勝の鐘を。そして優勝の副賞は、人生相談365日分とうれしくないものだけに、ぜんまいざむらいは逃げ出してしまう。

歌詞バッチリ!『紅白歌じまん大会』お話研究へ
今週の3行感想
ベスト話GP第5週結果
イベント紹介『紅白歌自慢合戦』
第24話『押入れからこんにちは』                   第26話『三日月池のウワサ』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
押入れからこんにちは
ぜんまいざむらいとピエールが早口言葉を成功するたびに「セーフ

『押入れからこんにちは』 第24話 北条千夏脚本
突然押入れから出てきて、早口ことばを言えるかどうか試してくる押入れわらしおばばぜんまいざむらいも、ずきんちゃんも…、みんな失敗して墨でバツを書かれます。(ずきんちゃんは△、かみちよねーさんはハート)そしてピエールのところにも押入れわらしが来て、早口ことばを言わせるが、ピエールは意外にもスラスラ。ぜんまいざむらいもリベンジとばかりにスラスラ。ずきんちゃんと豆丸は絵にあるように「セーフ!!セーフ!!」と大喜び。押入れわらしの挑戦はここで終わり、「参りました」といって押入れに帰っていきました。
押入れわらしについて(week内記事)
『押入れからこんにちは』お話研究(week内記事へ)
今週の3行感想
ベスト話GP第5週結果
第23話『ショーグンザル』                       第25話『紅白歌じまん合戦』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
ショーグンザルの行進
ぜんまい付の巨大おさるさんです

『ショーグンザル』  第23話 河原ゆうじ脚本
見世物小屋には十万屋兄弟が淡路島から連れてきた、20mの巨大ザルが出現。ばくてんをしたりして、みんなを信用させるが、もちろん中で操っている。しかし、装置がつぶれ、暴走することに。見栄城がシンバルの音波でたおされ、からくり大江戸の街がピンチに!そこで凧から口の中に吸い込まれたぜんまいざむらいは仕掛けを知り、止まらない歯車に向けて必笑だんご剣を。無事止まったが、そのまま逃げていく、十万屋万兵衛めがけて倒れるのでした。
天蓋今日の天蓋男 ~おさるさん~
『ショーグンザルお話くわしく研究』(week内記事へ)
今週の3行感想
ベスト話GP第5週結果
第22話『なめざえもんの花さくせん』              第24話『押入れからこんにちは』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
花さくせん
ぼたんの花はずきんちゃんの好きな花だったんです

『なめざえもんの花さくせん』 第22話 石川智子脚本
ピエールかみちよねーさんに赤いバラを渡しているのを見たなめざえもんは、いとしのずきんちゃんに花を贈ることにした。小判剣を見せ、からくり大江戸中の花を買いあさっていく。最初はずきんちゃんも赤い牡丹の花を贈られ、喜んだが、どんどん増える花にずきんちゃんは埋もれてしまう。まだ花を贈りたいなめざえもんはお花畑の花を刈っていく。ずきんちゃんのピンチを知ったぜんまいざむらいは必笑だんご剣を。その後ずきんちゃんと縁側に座っていると空から桜が。屋根からは豆丸「忍法花咲かじいさん」で桜をチラチラさせているのでした。
《初回放送 2006年6月13日》
ずきんちゃんの家(week内記事へ)
今週の3行感想
ベスト話GP第5週結果
天蓋男のおちへクリック
今日の天蓋男

第21話『からくり長屋は大さわぎ』             第23話『ショーグンザル』
                                      お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
小判剣
この辺りの話はよく小判剣を使っていたなぁ~

『からくり長屋はおおさわぎ』 第21話 大野木寛脚本
からくり長屋にはたくさんの人が住んでいる。大手進学寺子屋に生徒をとられて、人がいなくてガラーンとしている、豆丸の通う珠算教室もこのからくり長屋にある。毎日ガヤガヤ騒がしい、からくり長屋を煙たいものと見るなめざえもんは、自分の家のまげ部分を増築して、陽が当たらなく、風をこないようにした。風車で水をくみ上げていた長屋は困ってしまう。そこでぜんまいざむらいは、なめざえもんの家のまげ部分に上がり、必笑だんご剣を。せまいスペースで高いところにも関わらず、いつものダンスを。なめざえもんも小判剣で対抗するが、2回目にだんごを食べると同時に、まげ部分が折れ、つぶれる。すると陽があたり、風車がまわり、元のからくり長屋にもどるのでした。
《初回放送 2006年6月12日》
なめざえもん邸(week内記事へ)
今週の3行感想
ベスト話GP第5週結果
第20話『うばわれただんご剣』               第22話『なめざえもんの花さくせん』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
第21話 『からくり長屋は大さわぎ』 大野木寛脚本
なめざえもん、今回はかなり悪い。大手進学寺子屋に生徒をとられた豆丸の通うそろばん塾を見てわかるように、けっして豊かではないが、楽しく暮らしている人たちを金の力で。ところでぜんまいざむらいは高いところは平気みたいですね。屋根といっても、まげなのでスペースが小さいと思うのに、気持ちよさそうに必笑だんご剣ダンスをいつもどおり。
評・脚本7点・ユーモア8点・展開5点・教訓7点・ふしぎ度5点  計32点/50点

第22話 『なめざえもんの花さくせん』 石川智子脚本
なめざえもんにバラのつもりが間違って牡丹(ちなみに花言葉は美形な人だそうです)をずきんちゃんに渡したあたりはまだかわいらしいのですが、エスカレートしていきます。最後の忍法花咲かじいさんはよかった!ただ2日連続同じような話が続き、これは残念。
評・脚本5点・ユーモア5点・展開4点・教訓6点・不思議度4点 計25点/50点
第23話 『ショーグンザル』 河原ゆうじ脚本
私が最初に見た話がこれでよかった。少し長めの必笑だんご剣も、ぜんまいざむらいの「こういう見世物はインチキが多いからなぁ」というなど、するどいつっこみも、すべてよかった。これではまってしまいブログを作るに至っています。
評・脚本7点・ユーモア8点・展開8点・教訓4点・ふしぎ度7点 計34点/50点
第24話 『押入れからこんにちは』 北条千夏脚本
声優さんには頭が下がる思い、わざと間違えるのは、きちんと言うより難しかったのでしょうね。ぜんまいざむらいだけ「おしいれわらし」の存在を知っていましたが、いつか以前にあったのでしょうか?またぜんまいざむらい以外の人たちが押入れわらしへを見たときの反応はよかった。
評・脚本3点 ユーモア6点 展開6点 教訓2点 ふしぎ度7点 24点/50点
第25話 『紅白歌じまん大会』 河原ゆうじ脚本
おもしろかった。歌はすべてその人物を表現した直球ストレートのものでわかりやすかった。まっちゃ、家老の合いの手、なめざえもんのバックダンサーなど共演者もいい味だしていたと思いました。あくとり代官の司会は…。いつもどおりですね。
評 脚本・9点・ユーモア8点・展開7点・教訓4点・ふしぎ度5点 計33点/50点
犬養夫妻
左が妻のワン子、右が夫のキャン太郎


犬養キャン太郎いわく「胃の中にいれてもいたくはない」マメノシンという犬を昔飼っていたが、亡くしてしまう。そして忍法犬へんげを使って犬に変身(着ぐるみをきただけ)した豆丸をキャン太郎いわく「メロンが2個→うりふたつ」、ということで家へつれて帰る。発言からもわかるようにキャン太郎はだじゃれなどをよく言います。それに「キャー、ダーリン頭がいいー」と喜んでいるのが妻の犬養ワン子。家に行くと写真ではなくマメノシンの絵でいっぱいです。キャン太郎はカメラではなく、財布を首からさげています。もうあの夫妻のにおいがぷんぷんしますが、容姿は少し違うようです。結局必笑だんご剣をもらうのですが、いつもの時とちがい数字の「1(ワンということ?)」もいっしょにふわふわしていました。それにしても、2人を見送った後、謎の天蓋男を次男の豆次郎と間違えるのはすごい!!
さなえさん(week内記事へ)
『豆丸、お手』のあらすじ(week内記事)
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
まっちゃ
飼い主と性格が似ると言いますね。

ちゃじじが飼っているねこ。鼻としっぽの先が抹茶色をしています。
●がにまた
●基本的な鳴き方は「ニャイニャイ」
●ずきんちゃんに対してもやさしい
●えさは高級なキャットフードをもらっている予定
●茶じじへ完全サポート(エドワングランプリでは茶じじ優勝に貢献!?)
●しかし茶じじに対して毛を逆立てて、怒ったこともある。(まっちゃが好きなトラとの交際をやめるように言われた時)
●ネコ科の動物が好きで、浮気性?
●怒ったら大きくなる
●あっちむいてホイ大会2年連続優勝中
飼い主の茶じじ(week内紹介記事へ)
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
おばば悩殺ポーズ
これは悩殺投げキッスです

ぜんまいざむらいがお世話になるだんご屋いっぷくの経営者。悩殺ポーズが印象的だが、心遣いができるおばば。
●年齢はお誕生日ケーキのろうそくから判断し、67歳前後と推測
●ぜんまいざむらいのことを「ぜんちゃん」と親しみを込めて呼ぶ
●部屋には「みたらし」の掛け軸がある。
●ふとんはだんご柄
●朝の営業時間前に店の前でlong悩殺ポーズをする
●だんご屋経営に関して少し、ずる賢いところがある
●豆丸のおねしょには怒る
●いっぷくのだんごは朝からこしらえる、おばばの手作り
→しかし第2シリーズではオートメーション化に
●フルーツだんごはいっぷく限定のおだんご
●おばばが休むと客が来ないので、やはり何かしら魅力ある人なのでしょう
●からくり大江戸に昔から伝わる話に詳しい(大好き焼き・魔法の急須・ちょんまげ流星群)
●悩殺ポーズ以外に悩殺投げキッスもある。でもぜんまいざむらいと豆丸の反応はいつもどおり「でたぁ~」です
●今までにほれた男の数は3998人
●大江戸だんご連盟に加盟している
●実演販売に弱く、あやしいと疑っていた商品も実際に見ると買いたくなる。(→貴重なご指摘をいただきました。過去十万屋兄弟、エレキてるの助の商品で経験)
●朝はタオルで寒風摩擦
●子どもの時、忍者にあこがれていた
●歯は丈夫でまぶしいぐらいピカピカ
●天蓋男の素顔を見たもよう
NEWトランプはかなり強い
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
まっちゃ対トラ
必笑だんご剣をカット!!

『まっちゃの恋』 第60話 河原ゆうじ脚本・佐藤清光演出
まっちゃが恋をした相手は大きい屋敷に住んでいるそうで、ぜんまいざむらい豆丸が応援しようとすると、ずきんちゃんは反対!そう、なぜかというと相手はトラ。でも恋したまっちゃは「つきあってください」と告白するとトラは「トラの世界は弱肉強食。けんかして勝ったら付き合う」と。まっちゃは何度も飛びかかるが、跳ね飛ばされてしまう。危険を察知してぜんまいざむらいがダンス省略の必笑だんご剣をトラにめがけて投げるのだが、なんとまっちゃはだんごをガード。この愛するトラのためなら死んでもかまわないと。その言葉に感動したトラはまっちゃの心の強さにほれ、付き合うことに。しかし数日後その屋敷に行ってみると、トラではなく、隣にいたライオンに心を移していた、まっちゃでした。
《初回放送 2006年10月13日》
第59話『今日は何の日?』                           第61話『おなら仙人』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
今日は何の日

『今日は何の日?』 第59話 北条千夏脚本 佐藤清光演出
いっぷくのおだんごが早いうちに売り切れた。おばばの悩殺投げキッスのあと、店じまいの準備をしているとずきんちゃんが無料のマッサージ処へ連れて行ってくれるとのこと。ただ、これは作戦でからくり大江戸のみんながおばばを驚かせる準備を。なめざえもんはお花をもっていっぷくへ1番乗りしようとしたので、あくとり代官スワット隊を派遣され、スクワットをするはめに(1410回まで確認)。マッサージ店に行くとピエールの歌にあわせて、まっちゃがおばばの上でダンス。こりがほぐれた後は、かみちよねーさんの占いを受ける。「年は・・・秘密」「生年月日は・・・昔のことで忘れたよ」というやりとり、「今までほれた男のひとの数は・・・3998人」かみちよねーさんからはハートの千代紙をもらう。そしていっぷくにもどるとお誕生日だんご型ケーキが。そのケーキには片面約34本のろうそくが、両面だと推定約68本の見込み。それに対して、ケーキを見た瞬間、「1本多い!!」
《初回放送 2006年10月12日》
第58話『あなたも若くなれる!?』                       第60話『まっちゃの恋』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
あなたも若くなれる
とても印象的な場面

『あなたも若くなれる!?』 第58話 河原ゆうじ脚本 佐藤清光演出
若くなれるガムを小屋で販売する十万屋兄弟。にわとりがガムを食べるとひよこに。ひよこがガムを食べると卵にと大げさなぐらい若くなれます。それを見たおばばは若くなりたい一心でガムを3つ食べるとおさるに。それでみんなが一斉に駆け寄ると、小屋がつぶれ、にわとりやおばばが現れ、インチキだとわかる。そして必笑だんご剣を受けた十万屋兄弟は改心して帰っていく。その場にいたかみちよねーさんはどさぐさに紛れて目の前にとんできた若返るガムを手にしたが、ぽいっと道に捨て帰っていく。それを真っ赤な顔で見送る謎の天蓋男が印象的でした。
《初回放送 2006年10月11日》
第57話『だいすき!大好き焼き』                   第59話『今日は何の日?』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
ろうそくに照らされた
うまく描けたので、ツアーにも使わせてもらっています

『だいすき!大好き焼き』 第57話 西園悟脚本 佐藤清光演出
からくり大江戸にある山に「大好き」と焼くとプロポーズを受け入れたことに。「大嫌い」と焼くと受け入れないことを示すとおばばが教えてくれた。そして、おばばから「ぜんまいざむらいからの求婚なら、私は大好き焼きよ」と言われ、いつもどおり引き、逃げる時にゆずという女の子とぶつかってしまう。涙を流していたゆずに事情を聞くと、寺子屋仲間の文太が引越しをする。その文太がゆずに文通を申し込んだ。ゆずは受けたいので「大好き焼き」にしたいが、大すき焼きにつながる道が、がけ崩れのため通行止めになっている。どうにかして文太に「大好き焼き」を見せたいと。ぜんまいざむらいは妙案を思いつく。それは町の仲間を誘い、ろうそくを持って「大好き」という人文字をつくること。そして文太は引越しの船からその人文字を見て、涙を流すのでした。ただ天蓋男も人文字に入ったため、「大」の字が「犬」になってしまい、「犬好き」という人文字になってしまう。
《初回放送 2006年10月10日》
今週の3行感想
大好き焼きについて
第56話『灯台の灯を守れ』               第58話『あなたも若くなれる?!』
                                      お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。