NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流れ星に願いを
急いで何度も願いことを言う2人

『流れ星に願いを』 第49話 北条千夏脚本 佐藤清光演出
ずきんちゃんがだんごの前でためいきをつき、だんごに手をつけない。おばばが恋の悩みだと思い、108年に1回現れるちょんまげ流星群のことを教え、星見の丘でその流れ星を見て、3回願い事を唱えることをすすめる。そして夜なので、ぜんまいざむらいが付き添うように言う。それを隣の席で聞いていたなめざえもんは2人きりにはさせないと考え、町中にちょんまげ流星群のことを瓦版で広げた。ぜんまいざむらいとずきんちゃんが星見の丘に近づくと、人人人…。そこで豆丸は「おねしょがなおるように!」ぜんまいざむらいとなめざえもんは「ずきんちゃんと両想いになれますように!」そしてずきんちゃんは…。翌日、元気にだんごをパクパク食べるずきんちゃん。悩みは「虫歯が治りますように」だったみたいで、ぜんまいざむらいがっくり。
《第49話 2006年9/14放送》

第48話『ゲイジュツ大バクハツ』                   第50話『小天狗テンテン』                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

スポンサーサイト
彫刻とぜんまい
彫刻に上ると…

『ゲイジュツ大バクハツ』 第48話 河原ゆうじ脚本 佐藤清光演出
登場するなり「ぜんまい」をほめ、ぜんまいざむらいの彫刻を彫り始めた"ゲイジュツ野郎"なめざえもんの"まげ"に飾りをつけたり、あくとり代官の"鍋"に食べられないものを入れたり、見栄城に絵を加えたりと。みんなが怒ってゲイジュツ野郎をこてんぱにしていると、必笑だんご剣がとび、みんなはおおらかな気持ちに。ただゲイジュツ野郎は「芸術は理解されないもの」と言ってひとり歩いて行ってしまう。ぜんまいざむらいが「少しこの彫刻が好きになってきた」と言い自分が彫られた彫刻にまたがると、何とその彫刻は打ち上げ花火となり、怒っていたみんなを楽しませるのでした。
《初回放送 2006年 9月13日》
この週の3行感想(week内記事)
ゲイジュツ野郎ってこんな人(week内記事)
第47話『だんご屋のかみちよねーさん」                第49話『流れ星に願いを」
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
いつもごくろんさん
かみちよねーさんから天蓋男にあてた手紙…これは…

『だんご屋のかみちよねーさん』 第47話 西園悟脚本 佐藤清光演出
朝のだんご屋の始まりはおばばの悩殺ポーズで客を呼び込むことから。の途中おばばがぎっくり腰に。そこへだんごを買いに来たかみちよねーさんが1日お店の手伝いをすることに。「だんごを食べると折り紙がもらえる!」というチラシに、若い男たちが列をなすが、若者たちはだんごが目的ではなく、かみちよねーさんの折り紙が目的。だんごを冒とくする発言にぜんまいざむらいは「おいらのぜんまいキコキコしちゃう」と言うところまできたが、かみちよねーさんは、その必要なく若者たちをたちまち団子好きにさせた。それはかみちよねーさんがたんごをたべさせてあげたのでした。若者たちは顔を赤くして食べ、「おいしい」と言って全部平らげるのでした。そして、かみちよねーさんは金さんの持つ家へ帰るのだが、その途中天蓋男に「いつもご苦労さん」の手紙を。天蓋男は完全にかみちよねさーんのことを好きになるのでした。
《初回放送 2006年 9月12日》
この週の3行感想(week内記事)
第46話『アクタレざむらい誕生」                 第48話『ゲイジュツ大バクハツ」
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
まめまるアクタレだんご
まずいアクタレだんごを食べてしまった豆丸は

『アクタレざむらい誕生』 第46話 河原ゆうじ脚本 佐藤清光演出
からくり水族館にやってきたが、そこの電気なまずにビリビリされるぜんまいざむらい。目が覚めるとアクタレざむらいになっていた。ずきんちゃんのスカートをめくったり、ごみをまき散らしたり、子どもからあめを奪ったりと悪行をくりかえす。豆丸が止めに入ったが、アクタレざむらいのだんご剣を受け、豆丸もアクタレに。2人でやりたい放題しているのを助けたのは、なめざえもん。下敷をまげにこすり、ぜんまいにビリビリ。するとぜんまいざむらいと豆丸はもとにもどるのでした。はっきり言ってこれだけではいいきれない内容です。
《初回放送 2006年9月11日》
「アクタレざむらい誕生」研究①・普段との違い(week内記事)
「アクタレざむらい誕生」研究②・アクタレだんご剣について(week内記事)
「アクタレざむらい誕生」研究③・詳しいあらすじ(week内記事)
ほぼパーフェクトな評価(この週の3行感想)
第45話『ずきんちゃんの家出」             第47話『だんご屋のかみちよねーさん」
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
ぜんまいざむらいについて検索していただいた皆さんが縁あってこのweekにお越しいただきました。ありがとうございます。ただ、この『ぜんまいざむらいweek』も記事数が100を越え、どのページを見るとぜんまいざむらいの魅力が伝わるのか、ぼやけてしまいます。そこで初めての方でも「ぜんまいざむらい」の魅力を充分わかっていただくために、このブログのわかりやすいところを横断していく『ぜんまいざむらいツアー』を開くことにしました。
ツアーは
ツアー続行
このマークをクリックしていくと、次に進んでいきます。途中にリンク等ありますが無視して、このマークだけ目印にお進みください。少しでも「ぜんまいざむらい」の魅力が伝わればいいなぁ~。それではツアーのスタートです。《時間は5分ほどいただくことになります》

まず率直な疑問「なぜ、頭にぜんまい?」これは第1話の放送で明らかになっています。ツアー続行 それではぜんまいざむらいの第1話の紹介ページへ移動します。(絵をクリックしてください)




投票実施期間 平成18年11月19日(日)~11月25日(土)
投票数    36票
コメント数  8通
ご協力ありがとうございました。

結果
1位(決勝進出)
髪結床掲示用 『やぐら寿司の決闘』 第2話 やすみ哲夫脚本
 ●票数14票(38.9%) ●コメント数2通  計16pt
 コメント「あの寿司屋の構造は画期的です」「典型。あのわかりやすさ
 がいい」
 余裕の1位通過!お話のあらすじ


2位(予選敗退)
ぱぴぷぺ掲示 『ぱぴぷぺワンダホー』 第5話 北条千夏脚本
 ●票数9票(25.0%) ●コメント数4通 計13pt
 コメント「ピエールを強烈に位置づけたこの作品に一票」「ふつうは1
 話,2話でしょうが、あえて。不条理の原点」「ピエール大好き★」
 「ぱぴぷぺぽが好き」
 お話のあらすじできました

3位(予選敗退)
ぜんまい誕生掲示用 『ぜんまいざむらい誕生』 第1話 大野木寛脚本
 ●票数10票(27.8%) ●コメント数1通  計11pt
 コメント「この話が決勝に行かないと」


 予選通過間違いなしと思っていたのに…・お話のあらすじ
4位(予選敗退)
108匹ワンコ掲示 『百八匹ワンコのなぞ』 第3話 河原ゆうじ脚本
 ●票数3票(8.3%) ●コメント1通  計4pt
 コメント「犬苦手…」


 お話のあらすじ
5位(予選敗退)
髪結床掲示 『髪結床はおおさわぎ』 第4話 西園悟脚本
 ●票数0票(0%) ●コメント0通  計0pt



 わたしは個人的に好きなお話ですが…・お話のあらすじ
「やぐら寿司の決闘」は順調に評価を伸ばしましたが、意外に「ぜんまいざむらい誕生」が伸びず、しばらく0票が続きました。
「ぱぴぷぺワンダホー」はピエール人気で大健闘だと思いました。
ぜんまいざむらいBEST話GPのルールについて
やぐら寿司全景

からくり大江戸の建物の中でも特に目立つのが、このやぐら寿司。風車の動力で、上へ上がるエスカレーターのようなものも、客席もまわります。
店員さんは3人います。
やぐら寿司主人
この方がきっと主人

このお店の特徴は、お寿司はまわらず、客席がまわるということ。(気持ち悪くなりそうな速さでまわっています)メリットは景色が眺められると言うことでしょう。のぼりには「安いよ!うまいよ!」の他に、「ながめもばつぐん」とあります。このやぐら寿司を舞台に最初のぜんまいざむらいVSなめざえもんの闘いが展開されました(『やぐら寿司の決闘』あらすじ)。また、このやぐら寿司には、謎の天蓋男も来店してかっぱ巻きをたべていました。
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
髪結床は大さわぎ
うそっ!!

『髪結床はおおさわぎ』 第4話 西園悟脚本
からくり大江戸では長いまげが流行っています。ぜんまいざむらいも長いまげを結ってもらおうとしましたが、「ぜんまいは無理」と言われがっくり。すると「にょほっほっほっ、ぜんまい敗れたり」となめざえもん。しかし、そこへ黄金にまぶしいまげが。
西洋寺子屋で英語を教えているピエールの登場です。ピエールは女の子からキャーキャー言われています。ずきんちゃんまで顔を赤らめています。なめざえもんはくやしくなって小判剣を見せ、もっと長い長いまげをと注文します。するとまげは信じられないぐらい長くなりますが、そこに1匹の虫が。その虫がまげのさきっぽにとまると、ひびわれし、まげはばっさりと折れ、なめざえもんの股間に。クスックスッの笑い声になめざえもんは怒り狂い、絵のような状態に。橋の柱も折り、橋の上にいたずきんちゃんと豆丸のピンチ。そこで必笑だんご剣。改心したなめざえもんにぜんまいざむらいは「男はまげじゃない!」ときっぱり。
その後、ずきんちゃんはぜんまいざむらいに「長いまげも金色のまげもすきじゃない」との意味深な発言をするのでした。
《初回放送 2006年4月6日》
天蓋今日の天蓋男 ~髪結床の下は川~
第3話『百八匹ワンコの謎』                      第5話『ぱぴぷぺワンダホー』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
ずきんちゃんの家出
ずきんちゃんはいろいろなところに旅行に行った経験ありなんでしょうか

『ずきんちゃんの家出』 第45話 石川智子 脚本
ずきんちゃんがひとりで芝居を見に行きたいと言ったが、ちゃじじは「もうこんな遅い時間に」といって、昼にもかかわらず、家から出してもらえない。芝居のチケットの奪い合いになり、引っ張っているうちにピリッと。それに怒ったずきんちゃんはぼたんと一緒に家出をし、いっぷくで看板娘としてお世話になることに。心配したちゃじじは変装して様子を見に来る。無理を言う客には、ちゃじじから喝がとんでくる。ずきんちゃんはまたまた怒ってしまう。さてこの険悪な関係をもとに戻したのは、ぜんまいざむらいではなくおばば。ハート型の特製団子を2人で分けて食べると、ずきんちゃんも茶じじもお互い謝り、もとの仲良しになるのでした。
《第45話 9月1日,22日,11/24放送》
怒って家出をしてしまったずきんちゃんを詳しく紹介(week内記事)
ずきんちゃんの年齢は20歳前後?(week内記事)
天蓋今日の天蓋男 ~感慨~
第44話『お殿様の大切なアレ」                  第46話『アクタレざむらい誕生」
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

残念ですが、ぜんまいざむらいは第17週で放送終了がほぼ確定しているみたいですね。情報源は以前と同じ、演出家の野中かずみさんのホームページです。引用させていただくと

「ぜんまいざむらい」今日は年末放送の新作の追加打ち合わせに行ってきました。
先日放送された「オトナの知らないETV宝箱」の反応はまだ聞こえてきませんがこの調子にのって今度の作品も凝った絵コンテを描いてしまいました。ただでさえ毎度きついスケジュールも今回かなり厳しい!おまけにいつものレギュラーの演出も最終17週も普通にあるわけで…

う~ん残念です。あと4週。20話。全力を込めてこのぜんまいざむらいweekを作っていきたいと思います。ただあきらめが悪いのですが、18週から新しい演出家でという可能性もアニメではあることはあるみたいなので…。
殿様寝込む
ふとん19段はありました

『お殿様の大切なアレ』 第44話 やすみ哲夫 脚本
お殿様が大切にしている宝箱がなくなったと見栄城から伝書鳩がぜんまいざむらいのもとに伝えにくる。見栄城に行くと殿様は高いふとん(19段は数えました)の上で寝込んでいた。そして家老から伊賀のかに一族からの「宝物は頂いた」という置き手紙を見せられる。豆丸は伊賀と聞いて強い反応を示すが、「聞いたこともないでござる」
その後ぜんまいざむらいと豆丸が外を歩いていると、宝箱が道の真ん中に落とされていた。拾おうとした瞬間かに一族の伊賀の毛がにが。ただこの毛がには方向感覚がおかしく、あわてんぼう。襲いかかってきたが、横にしか歩けない…。そしてボス伊賀のたらば丸が雷とともに入場。怒った泡で2人は固められるが、必笑だんご剣で難なく解決。そしてお殿様に頼んで中身をみせてもらうが、その中身とはなんと腹巻。幼少の頃からお腹が弱いお殿様でした《第44話 8/31,9/21,11/23放送》
見栄城のお殿様についてくわしく紹介(week内記事)
伊賀のかに一族について(week内記事)
今週の3行感想
第43話『だんごダイエット」                     第45話『ずきんちゃんの家出」
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
あんみつやで気づく
やっと気づいた…。でも遅い

『だんごダイエット』 第43話 西園悟脚本
ずきんちゃんからお茶会の招待状が届いた。よそ行きの服を試着していると太ったのか入らない。だんごを1日25本も食べていたら、当然。豆丸は「今スリムが大人気!もてたきゃやせろ」と書かれた瓦版を見せるとぜんまいざむらいはダイエットを決意する。
数日後、だんごをやめたぜんまいざむらいは顔こそやつれたが、そんなにやせていない。というより逆にお腹がでている。豆丸はおでん屋さんで「本当におだんごを食べてない?」と聞くが、本当に食べていない模様。やぐら寿司でも、あくとり亭でも、天丼屋さんでも、お好み焼き屋さんでも「おだんごたべてないでござるか?」そしてあんみつ屋さんで「いくらおだんごを食べていなくても、他のものをそんなに食べていたら、太るのはあたりまえでござる」の突っ込みに初めて「そーかっー!!」と気づく。(絵)
そしてお茶会当日、アンパンマンそっくりのぜんまいざむらいは顔を隠して、けんかを始めた若者たちに必笑だんご剣を(太っていたためダンスはなし)ずきんちゃんはぜんまいざむらいと気づき(当然、この姿ですから)「少しぐらい太った人のほうが好き」と言われ、姿を見せるがパンパンになった姿を見て、しばらく苦笑するのでした。ぜんまいざむらいはその後もずきんちゃんの言葉を鵜呑みにして、団子を食べ続け、2階の床が破れ、天蓋男が下敷きになるほど太ってしまうのでした。
《第43話 8/30,9/20,11/22放送》
『だんごダイエット』おはなし研究(week内記事)
天蓋今日の天蓋男 ~2階からぜんまい~
第42話『びっくりしゃっくり」                     第44話『お殿様の大切なアレ」
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
出張あくとり代官
今日のあくとり代官はたよりになった

『びっくりしゃっくり』 第42話 北条千夏 脚本
ずきんちゃんのしゃっくりが止まらない。ということでちゃじじが「ずきんのしゃっくりどめ大会」を実施することに。ぜんまいざむいのダンスでこけてしまった必笑だんご剣、豆丸の忍法「しゃっくり止めの術・栗の舞」なめざえもんの「僕にうつしてくれ」、おばばの悩殺ポーズとチャレンジするが、しゃっくりは止まらない。そこへあくとり代官がいつものように床下から出張あくとり代官として登場。急に「豆腐の原料は?」とクイズを出題。ずきんちゃんがきょとんとなって、考えているといつの間にか、しゃっくりはとまっていた。そしてちゃじじからこの大会の豪華景品が渡されることになるが、それはなんと、茶じじの悩殺ポーズだった…。
《第42話 8/29,9/19,11/21放送》
今週のお話・3行感想(week内記事)
豆丸の他の忍法のことについてくわしい(week内記事)
びっくりしゃっくりとめ大会の舞台について
第41話『えれき商人あらわる」                     第43話『だんごダイエット」
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
忍法バナナの皮
忍法?バナナの皮がぜんまいざむらいを救った

『えれき商人あらわる』 第41話 大野木寛 脚本
エレキテルの助からくり大江戸の町にエレキテルの力で速く動くことができる道具を売る店をだす。みんなスピードにあこがれて購入していくが、ぜんまいざむらいは「早いのが何でもいいのか」と反発する。町は様変わりし、みんながせわしなく動いている。池でゆっくりしていると、働きすぎてへとへと状態になった人が。そこでぜんまいキコキコし、テルの助のもとへ。「ぜんまいなんてやめてどうです?」との言葉に怒り、必笑だんご剣を。ところが今回はスピードについていけず、うまくテルの助の口に入らない。ぜんまいざむらい始まって以来の大ピンチ。さぁ、そのピンチを救ったのは、豆丸の忍法バナナの皮。忍法といっても、バナナの皮を投げただけですが、見事テルの助は転んでしまい。「こんな古典的な方法で敗れるとは」
《第41話 8/28,9/18,11/20放送分》
今週のお話・3行感想(week内記事)
エレキテルの助についてくわしく紹介(week内記事)
第40話『星が落ちてくる?!」                        第42話『びっりしゃっくり」
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

「ぜんまいざむらい」の中で最も評価の高い話を決定するぜんまいベスト話GPを行うことにしました。今週から1週間ずつ予選を行い、勝ち進んだ話で決勝戦を行い、真のグランプリを決定しようと考えています。
ルール
★週の5話の中で1位通過は無条件予選通過
★コメントも1点として計算します。
★1位でなくても15点以上獲得した話は予選通過とします
★投票は1週間行います。日曜日から土曜日までの7日間です
★間違えて、不明なコメントが入ることがあると思いますが、申し訳ないですが、点数には加算しません
★同ポイントの場合はコメント数の多いほうが上位とします
このペースでいくとベスト話チャンピオンは3月頃にはでると思います。
また面倒なお願いをしますが、どうかご協力よろしくお願いします。
ずきんちゃんにおこられるぜんまい
ずきんちゃんにショックなことを言われて、へこむぜんまいざむらい

『百八匹ワンコの謎』 第3話 河原ゆうじ脚本
お祭りでしょうか?だんご屋いっぷくも屋台をだしています。そこには、百八匹ワンコ(名前)もペットショップを開いていました。そのお店は大人気です。するとずきんちゃんが、自分の飼い犬のぼたんちゃんがいなくなったと泣きながらやってきました。ぜんまいざむらいは尋ね紙を見て「こんな不細工な犬だれが持っていくの?」ずきんちゃんは怒って「ぼたんちゃんはぜんまいざむらい様よりかわいい」と言うと、ぜんまいざむらいはショックを。でもペットショップの中にぼたんちゃんらしき犬がいるとわかると、百八匹ワンコはあわてて撤収。様子がおかしいので、少し謎を探ることに。夜、豆丸が忍法犬へんげで忍び込むと、みんな盗んできた犬だとわかる。しかし、犬がみんな起きてしまい、百八匹ワンコも目を覚める。そこでぜんまいざむらいは番組史上最多だんご(きっと109個と思われる)を投げ、改心させる。翌日盗まれていたぼたんちゃんは、ずきんちゃんのもとに帰ってきて感動の再会を果たすのでした。
天蓋今日の天蓋男 ~災難!!犬からおしっこ~
第2話『やぐら寿司の決闘』                       第4話『髪結床は大さわぎ』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
とろうにいくら
とろとろ・うにうに・いくらいくら

『やぐら寿司の決闘』 第2話 やすみ哲夫脚本
ぜんまいざむらい必笑だんご剣初登場のお話。だからゆっくり、基本的な流れで進んでいきます。
ずきんちゃんと初めて出会ったなめざえもんはひとめぼれする。「お嬢さん、お寿司でも」と誘いやぐら寿司へ。その頃ぜんまいざむらいと豆丸もやぐら寿司でかっぱ巻きを食べていた。なめざえもんは「とろとろ。うにうに。いくらいくら」と高いものを山ほど注文して、ずきんちゃんにごちそうしようとするが、ずきんちゃんは困り気味です。豆丸がとろをずきんちゃんからもらうと、なめざえもんVS豆丸の追いかけっこに。そして決定的ななめざえもんの一言「あまれば捨てればいいでやんす」その一言に怒った(「こんなに注文して、うらやまし~」の一言もあり)ぜんまいざむらいは、「いざ、おいらの必笑だんご剣を受けてみよ」みんなはシーンとして何が始まるか見守る。そしてダンス、必笑だんご剣。なめざえもんは「悪かったでやんす」と改心するのでした。すると一同から拍手されるぜんまいざむらいのぜんまいが天から巻かれるのでした。客にまぎれこんだ天蓋男は「ぜんまいざむらい。今日も善をほどこしたり」と巻物のようなものに書き示して、このことを大福の神に報告するのでしょう。
《初回放送 2006年4月3日》
必笑だんご剣のダンスについて(week内記事)
天蓋今日の天蓋男 ~謎の天蓋男初登場~
第1話『ぜんまいざむらい誕生』              第3話『百八匹ワンコの謎』
                                      お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

ぜんまいざむらいツアーの皆様へ⑩
ツアー続行この話が最初の決闘になります。わかりやすいお話ですが、これから先何十話も続きますが、いろいろなパターンがあり楽しませてもらっています。さて善をほどこしたぜんまいざむらいはぜんまいを巻かれますが、それを見ているのは天蓋男さんです(絵をクリックしてください)


                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

ぜんまいざむらいの部屋
コンパクトにまとまっています
(クリックすると大きくなります)

これがぜんまいざむらいの部屋。いつもきれいに片付いています。貼り紙には何を書いているのか確認できていませんが、『だんごダイエット』では「だんご一口、でぶ一生」とかなり恐ろしい貼り紙をしていました。
だんご屋いっぷく(week内紹介ページ)
住人のぜんまいざむらい(week内紹介ページ)
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

ぼたんちゃん

ずきんちゃんが飼っている犬。あまり登場することが少ないのですが、これでレギュラーキャラクターすべて終わりました。
★ぜんまいざむらいに「不細工な犬」といわれた。
★それに対して、「ぜん様よりかわいい」とずきんちゃんに言われ、ぜんまいざむらいはショックを受けた
★ずきんちゃんが家出をした時は一緒に家出をした。
NEWずきんちゃんが嫁入りの時も一緒に
★双子の妹がおり、豪者数屋で飼われている
★まっちゃとはうまくいっている
★ずきんちゃんの自転車の練習に万全のサポート
★鼻がとても効く
★好きな食べ物はオムライスとエビフライ
★得意技「さんべんまわっておけつ山」
飼い主のずきんちゃん(week内記事)
『ぼたんちゃんの妹』(week内あらすじ紹介)
『自転車にのりたーい』(week内あらすじ紹介)
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
星がおちてくる
ロケットからの景色のつもりだが、十万屋万の助はまた失敗を

『星が落ちてくる』 第40話 河原ゆうじ脚本・佐藤清光演出
また大阪からやってきた十万屋万兵衛兄弟がおかしな商売を始めた。星が落ちてきて、地球に衝突するので宇宙へ逃げるためのロケットに乗らないと助からない。というわけで乗車料100両をみんなに要求した。うまく試乗会までは乗り切ったが、やっぱり100両では…。そこで弟の万の助が赤い風船を持って走り出した。「あの赤いものはなんや。もう星がおちてきたんや」と叫ぶと、みんなあわててロケットに乗り込もうとする。するとポキっと折れてしまい、いつもどおりの正体を現すことに。必笑だんご剣を受け、また大阪へと帰っていくのでした。
《初回放送 2006年7月21日》
いつもあやしい商売人・十万屋兄弟(week内記事)
今週のお話の3行感想
第39話『ぜんまいざむらい大ピンチ」               第41話『えれき商人あらわる」
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
DVDとCD
楽しみにしていたDVDとCDが帰ってくると届いていました。
見たことがない話も多いので、早くみたいです。

ぜんまいざむらい大ピンチ
えっ、何をするの!!

『ぜんまいざむらい大ピンチ』 第39話  大野木寛脚本・佐藤清光演出
なめざえもんの船で海に出かけたが、嵐に会い遭難してしまう。みんな疲れきった状態になり、特に豆丸は「水…水…」と意識もない非常に危険な状態に。すると陸が見えた。しかし陸へ向う方法がない。ぜんまいざむらいは覚悟し、自分のぜんまいを水につけ、回転させ船を陸へと動かす。みんな助かったが、ぜんまいざむらいはぜんまいを戻しすぎたので瀕死の状態に。ライバルのなめざえもんも涙を流して悲しんだが、それを救ったのはすべてを見ていた大福の神。いつもの天からの光とは違ってた虹色の光を帯びながら、ぜんまいを何回も何回も巻き、ぜんまいざむらいは生き返り、ぜんまいざむらいは「大福大ちゃん」に感謝するのであった
《初回放送 2006年7月20日放送》
大福の神紹介ページ
ぜんまいざむらい紹介ページ
第38話『豆丸、お手』                           第40話『星が落ちてくる?!』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
天蓋男犬と間違えられる
犬の豆次郎と間違えられる天蓋男。この強引な展開がいい!

『豆丸、お手』 第38話 河原ゆうじ脚本 佐藤清光演出
忍法「犬変化」で犬に変身してぜんまいざむらいのおだんごを奪った豆丸犬養キャン太郎、ワン子夫妻が大事していた犬の豆のしんに間違われてしまう。家まで連れられていき、いろんなことを要求する犬養夫妻に最初は同情して許していたが、我慢できなくなり、必笑だんご剣を。無事帰れるようになったが、次は天蓋男が次男の豆次郎に間違えられる
《初回放送 2006年7月19日放送》
豆丸について★紹介(week内記事)
微妙な犬養夫妻について★紹介(week内ゲストキャラクター記事)
第37話『なめざえもんのわな』               第39話『ぜんまいざむらい大ピンチ』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
ティシュを渡すなめざえもん
この親切心があだに…

『なべざえもんのわな』 第37話 石川智子脚本 佐藤清光演出
ぜんまいざむらいをはめるために、なめざえもんはからくり迷路をの横に作った。ところが、ぜんまいざむらいとずきんちゃんピエールはなべざえもんのわなを次々とかわしていく。そんな途中、なめざえもんとピエールが迷路の中でぶつかる。ピエールが鼻水をたらしてしまい、「ティシュもってないですか」と。なめざえもんは一枚の紙を渡す。なんとその紙は迷路の設計図。そしてみんなゴールしたのだか、設計図を渡してしまったなめざえもんだけ、迷路の中で迷い、結局ゴールと思い、飛び込んだところが泥の中。「もう迷路なんてこりごりでやんす」
《初回放送 2006年7月18日放送》
なめざえもんについて★紹介(week内記事)
ピエールについて★紹介(week内記事)
この週の3行感想(week内記事)
第36話『ナベのカタキ』                             第38話『豆丸、お手』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
あくとり代官の修行
数十年前のあくとり代官の後ろ姿…やせている

『ナベのカタキ』 第36話 河原ゆうじ脚本 佐藤清光演出
あくとり代官は10年前なべの修行で訪れた九州で、曽我鍋綱の石狩鍋を食べた。その鮭が冷凍だということであくとり代官は一喝。それにショックを受けた鍋綱は北海道へ。そこでに食べられたという知らせを聞き、鍋綱の子どもたちが敵討ちにとあくとり代官のもとに。するとその現場にひとりの変わり果てた男と熊が現れた。その男こそ、曽我鍋綱。
熊に鮭の取り方を学び、やっとあくとり代官に満足できる鍋をごちそうすることができると思い、現れたのだ。曽我鍋綱が満を持して石狩鍋を作り、あくとり代官に食べさせる。するとあくとり代官は一口食べて「ま・ず・い」と。
鮭は新鮮だが、味付けがなっとらんという理由で。周りは「ここはうまいと言っておいたほうがまるくおさまる」とすすめるが、あくとり代官は鍋には妥協しない。
みんなが怒り(特に熊が)、この話は収集がつかないまま終了しました。
ちなみに天蓋男はおいしい石狩鍋のレシピを読み上げています。(生鮭500g、なましいたけ4枚、豆腐1丁、えのき2本、大根3分の1、みそ150g、こんぶだし、酒類、バター、粉山椒少々)
《初回放送 2006年7月17日放送》
テレビでは「なべつね」と言っていますが、最後のクレジットでは「鍋綱」になっています。一応「鍋綱」で表記します。★ご指摘ありがとうございました★
あくとり代官紹介ページ(week内記事)
『あくとり代官修行する』(week内あらすじ)
この週の3行感想(week内記事)
第35話『西洋寺子屋一日体験』                  第37話『なめざえもんのわな』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
先週は必笑だんご剣が実質なし、なめざえもんの登場が約10秒というさびしい内容。パターンの打開は必要なく、話の組み方も少し考えてほしいと思いました。
必笑だんご剣登場率
第5週80%   第6週100%   第7週40%
第8週60%   第9週40%   第10週40%   
第11週0%   第12週20%   第13週0%
減少傾向です…。
しかし、いよいよ今週、CDとDVDが発売!!ぜんまいショップ
ぜんまいざむらいの原点。とても楽しみです。このぜんまいざむらいweekでも第1話から第10話までのお話紹介の記事をどんどん作っていきたいと思います。
また再放送週間なので、朝からその日のお話記事を紹介できます。またお時間ありましたら、ご覧ください!!
公式ホームページにぜんまいざむらいのパズルゲームができたのは以前にも紹介しましたが、もうひとつゲームがあるみたいです。
小学館のネット君のページに行くとだんごをなめざえもんに食べさせるゲームがあります。
また全部クリアするとDVDかCDのプレゼント応募の権利が生まれます。
子どもも両方やりましたが、パズルは難しすぎて途中で挫折していましたが、必笑だんご剣ゲームはクリアしていました。
私も両方やりましたが、必笑だんご剣ゲームのほうがいいなぁと思いました。

なめざえもんがだんごを食べる瞬間って大変そう(week内記事)
公式HPゲームについて(week内記事)

豆炒り茶
あっ!!

からくり大通りの花屋さんの横にある「豆炒り茶」のお店です。ここでお茶を飲んでいるぜんまいざむらいを見たことはありませんが、明らかにあのお店を意識した看板に少し心配になるくらいです。でもこの看板はからくり大江戸の町でも、よく目立ちますね!!

からくり大通りの説明(week内記事)
天蓋を脱ぐと
天蓋を脱ぐと…

『天蓋男の一日』 第65話 大野木寛脚本
天蓋男大福の神ぜんまいざむらいの善について報告に行く。すると大福の神は「天蓋の下はどうなっているの?」としつこく聞くが、天蓋男は逃げる。大福の神は気になって、天蓋男の後をつけることに。いっぷくでだんごを食べたり、やぐら寿司でお金がないのでため息をつきながら、かっぱ巻きを食べたり、池を前にボーっと過ごしたりしている時も大福の神はつけまわすが、見せてくれない。そしてぜんまいざむらいが善をほどこした時も、ぜんまいを巻くのを忘れてしまうほど、天蓋の中が気になる様子。すると天蓋の中に蜂が入って、いよいよ脱ぐと…、また天蓋が。そしてまだ中に蜂がいるみたいでもう一枚脱ぐと…、また天蓋でした。それを見た大福の神は「もういいよ」と言って行ってしまうのでした。
《初回放送 2006年11月10日》
謎の天蓋男について(week内記事★更新しました)
私の好きな天蓋男のオチ(week内記事)
第64話『豆丸とおよねちゃん』                  第66話『飛べ!からくり自転車』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
豆丸とおよねちゃん
顔を結構出しておにぎりを食べる豆丸

『豆丸とおよねちゃん』 第64話 石川智子脚本
ぜんまいざむらい豆丸およねちゃんの所へ稲刈りへ行くことに。ハート型の田、ハート型のおこめをからくり稲刈り機や豆丸の手裏剣を使って収穫していきます。そして、お昼、およねちゃんが豆丸に照れながらハート型のおにぎりをあげようとするとそのおにぎりを、すずめたちが、奪っていく。豆丸は「拙者のボンボン、ぽんぽんしちゃう。いざ拙者の忍法豆鉄砲をうけてみよでござる」(ぜんまいざむらい風に)と言ってクラッカーを鳴らすが、すぐにすずめたちは戻ってくる。そこで豆丸が持って来たかかしで退治を試みようとするが、やじろべえ型なめざえもんかかし、コマ型ピエールかかしはあっけなく失敗。次に、悩殺ポーズをしているおばばかかしを。するとすずめたちを見事退治することができました。
《初回放送 2006年11月9日》
まめまる(week内記事・更新しました)
ぜんまいざむらい(week内記事・更新しました)
およねちゃん(week内記事)
『キラキラとうもろ星』のあらすじ(week内記事)
第63話『たのしいお勉強』                         第65話『天蓋男の一日』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。