NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。

2007/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この週の再放送は名作揃いです。(とてもめずらしいことです)
名作の順位は昨年度実施したアンケート調査の結果です。

朝の放送7:45~50
 29日(月) 「だんごダイエット」名作7位・アンパンマンぜん様と豆丸の遅すぎる突っ込みが
 30日(火) 「お殿様の大切なアレ」お話史上、最強の敵に対するが最後は意外なオチ…
 31日(水) 「ずきんちゃんの家出」ほのぼのしたお話の展開に、おばばの機転に注目
  1日(木) 「アクタレざむらい誕生」名作1位・放送史上最大の衝撃を。年間支持もダントツ1位
  2日(金) 「だんご屋のかみちよねーさん」かみちよねーさんが剣を使わず、必笑だんご剣
夕方の放送17:30~40
29日(月) 「からくり大江戸決戦」最新作の再放送。ぞろぞろ出てきたニセぜん様に
30日(火) 「なめざえもんの花さくせん」初期なめざえもんは本当に悪い。普通じゃないです
       「ショーグルザル」名作・私が初めて見た作品・衝撃を受けました。
31日(水) 「押入れからこんにちは」ほぼオールキャストの早口言葉対決
       「紅白歌じまん合戦」キャラクターの特徴がよくでている作品です。
 1日(木) 「三日月池のウワサ」ぜん様とずきんちゃんとの恋のお話はここから
       「おねしょをかくせ」名作4位・5分間の使われ方が素晴らしいスピード感!
 2日(金) 「勝負!泣き濡れせんべい剣」名作3位・中身の深~い内容。私の大好きな作品です
       「どろぼう猫の虎次郎」お魚くわえた、さなえさん登場!
スポンサーサイト
からくり大江戸決戦
多くてこわい~

『からくり大江戸決戦!』 第133話 山口亮太脚本 長村しんじ演出
からくり大江戸の平和を守っているぜんまいざむらいに、パラボーラ伯爵が自分の国の争いを止めてほしいと願い、外国に行くことになった。だが、それはワナで、実はぜんまいざむらいがいない間にからくり大江戸を乗っ取る計画だった。パラボーラ伯爵はオレオレ団を率いて、からくり大江戸にニセぜんまいざむらいを多数配置して、暴れだす。爪でぎーと嫌な音をだしたり、夜中に鐘をならしたり、いっぷくの看板にオレオレと書いたり…。船の中に閉じ込められてしまったぜんまいざむらいは心配してやってきたなめざえもんに助けらるが、その寸前でパラボーラ伯爵に見つかってしまい、万事休す。しかし、そこへ大量の注文を受けた出前もちがやってきて、出前を置いていく。それをオレオレ団のメンバーが食べている間に、抜け出し、だんご屋いっぷくに戻る。まだ、そこでニセぜんまいと追いかけて来たパラボーラに必笑だんご剣を。今回はなめざえもんがぜんまいざむらいを救った形になるが、なめざえもんは「ぜんまいざむらいを打ち負かすのはあちきでやんす」と強がり!!
このお話の3行感想

第132話『なめざえもん犬になる」         第134話『ぜんまいざむらい恋の大ピンチ」
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
新作

朝の放送7:45~50
 22日(月) 「豆丸、お手!?」豆丸が名物夫婦に…
 23日(火) 「ぜんまいざむらい大ピンチ」意外な展開に…
 24日(水) 「星が落ちてくる!?」名物十万屋兄弟が…
 25日(木) 「えれき商人あらわる」現代社会に鋭いメスを…
 26日(金) 「びっくりしゃっくり」こんな必笑だんご剣ダンスは見たくない!!と思ったら…
夕方の放送17:30~40
22日(月) 「からくり大江戸大決戦」新作楽しみ!!
23日(火) 「あこがれのかみちよねーさん」かっこいい!かみちよねーさん
       「出た!辻だじゃれ」子どもは大喜びでした
24日(水) 「火消しの八五郎」教訓ありありのお話でした
       「大流行占い箱」かみちよねーさんのてきぱきぶりに注目!
25日(木) 「うばわれただんご剣」なめざえもんが必笑だんご剣をはじく!?
       「からくり長屋は大さわぎ」このあたりのなめざえもんは少しひどい…
26日(金) 「なめざえもん犬になる」紹介しましたが、少しわかりにくいので、ぜひ見てください!
なめざえもん犬になる
悪そう~

『なめざえもん、犬になる』 第132話 山口亮太脚本 長村しんじ演出
なめざえもんが道で出会ったずきんちゃんにいつものようにデートに誘うと、ぼたんちゃんの散歩中ということで断られる。ぼたんは四六時中ずきんちゃんと一緒にいれていいなぁと思っていると、ブルドックに吠えられて逃げるぼたんちゃんと衝突。その後一緒に階段を転げ落ち………。
なめざえもんが目覚めるとずきんちゃんがいて、「よかった…ぼたんちゃん」と。鏡を見るとぼたんちゃんになっている。早く元の姿に戻りたいと思ったけれど、ずきんちゃんの手作り料理を食べたり、お風呂に入ったり、ブラシをしてもらったりとなかなか居心地がいい。しかし、転げたということでお医者さんが来て、太い注射を打たれることになり、逃げ出す。そのころぼたんちゃんも、容姿はなめざえもんに。事情を知らないぜんまいざむらいは、ごみをあさっているぼたんちゃん(姿はなめざえもん)を見つける。探しに来たずきんちゃんの顔をベロベロするぼたんちゃん(何度も言いますが、姿はなめざえもん)に、豆丸も「なんて大胆なんだ」と。様子がおかしいので、「さんべんまわっておけつ山」を試みて、やり遂げるなめざえもんを見て、なめざえもんとぼたんちゃんが入れ替わってしまったことを確信する。その後、再びブルドックに追われたぼたんちゃんとなめざえもんが階段を転げ落ち、元に戻るのだが、ぼたんちゃんに抱きついて泣くずきんちゃんを見て、なめざえもん少し残念そう。
このお話の3行感想
NEW『ぼたんちゃん』新事実追加
第131話『ごまちゃんからくり大江戸見物」           第133話『からくり大江戸決戦」
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
とびすけ
がってん承知のすけ!!

からくり大江戸の郵便屋さん。飛脚ですが、全く頼りになりません。郵送は口伝えなので誤送はあたりまえ。走っている間に違う名前に変わり、違う人に配達してしまいます。大切な贈り物も、あわててびしょびしょにしてしまうし。〒マークがついているので、苦情がこないかヒヤヒヤです。
第32話『だれからの手紙』あらすじ
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります

11月28日(水)発売されるDVD『ぜんまいざむらいこれぞ傑作選』です。注目の収録されているお話は(納得の選択では!!これぞ傑作選ですね)
(1)「やぐら寿司の決闘」 GP予選1位・総合9位
(2)「三日月池のミカちゃん」 GP予選2位
(3)「なめざえもんのわな」 GP予選1位
(4)「おねしょをかくせ」 GP予選1位・総合4位
(5)「大江戸エドワングランプリ」 GP予選1位・総合12位
(6)「勝負!泣き濡れせんべい剣」 GP予選2位・総合3位
(7)「アクタレざむらい誕生」 GP予選1位・総合1位
(8)「押入れからこんにちは」 GP予選4位
(9)「なめざえもんぱぱになる」 GP予選1位・総合9位
(10)「ぼたんちゃんの妹」 GP予選1位・総合5位
(11)「ぜんまいざむらい大ピンチ」 GP予選4位
(12)「天蓋男の一日」 GP予選1位・総合12位
(13)「ぜんまいざむらい誕生」 GP予選3位
(14)「だんごダイエット」 GP予選1位・総合7位
(15)「飛べ!こまめ」 GP予選4位
色が変わっているのは「私」のおすすめ
GPとは昨年度全85作品からこのweek内で行った「おもしろかったお話」アンケート結果です。詳しくはこちら
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
ごまちゃんからくり大江戸見物
母の愛情は…

『ごまちゃん、からくり大江戸見物』 第131話 岡部優子脚本 サトウ光敏演出
豆丸の妹ごまちゃんがからくり大江戸に。その途中茶屋で休憩するが、隣に座っていたあくだえもんの巾着を間違って持って行ったために…。到着したごまちゃんは名物の泣きを披露した後、からくり大江戸見物に。巾着が入れ替わっていたことに気づいたあくだえもんは巾着を取り替えようと狙うが、なかなかうまくいかない。そして芝居を見ているとき、取り替えるチャンスが来た。と思ったら、ぜんまいざむらいに取り押さえられ、必笑だんご剣を。中身はダイヤモンドの落花生の殻!!最近話題になっていた盗まれたものだったのです。ごまちゃんの巾着にはおしめがたくさん入っていたのですが、「~でござる」のお母さんが現れて、ごまちゃんと一緒に伊賀の家へ帰ると、ひとつの巾着が残されていた。その中には、おねしょをして困らないようにと着替えが。
このお話の3行感想
『豆丸三兄弟』(おおみそかスペシャル)のあらすじ
『お母さんの豆マメ団子』のあらすじ
第130話『あくとり代官のなべ対決」              第132話『なめざえもん犬になる」
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
第131話『ごまちゃん、からくり大江戸見物』 岡部優子脚本 サトウ光敏演出
岡部優子さんらしい、ほのぼのした、まるーい内容。おおみそかスペシャルを見ていたら、もっと楽しめる内容だったかなぁ。あくだえもんも今回は鎌など使わず、随分とまるくなっています。作品全体がおとなしい…。
評・脚本4点 展開2点 ユーモア4点 教訓4点 ふしぎ度4点 計18点/50点
第132話『なめざえもん、犬になる』 山口亮太脚本 長村しんじ演出
どこかで見たことがありそうなお話ですが、入れ替わりというのは初めてです。キャラの個性でおもしろさはありました。ただ、次の展開が完全に予想されているので大人の方には少し物足りなさはあったかなぁ。豆丸のセリフ「なんて大胆」はベストでした。
評・脚本5点 展開4点 ユーモア9点 教訓4点 ふしぎ度4点 計26点/50点
第133話『からくり大江戸決戦!』 山口亮太脚本 長村しんじ演出
なめざえもんとぜんまいざむらいとのムードが急展開し過ぎていますね。ずきんちゃんとおばばのニセぜんまいに気づかなくて、言われて初めて、そういえば目つきが…。目はみんな一緒なんですが、そこはおもしろかったです。少しこわいお話でした。
評・脚本6点 展開5点 ユーモア6点 教訓5点 ふしぎ度5点 計27点/50点
第134話『ぜんまいざむらい、恋の大ピンチ』 石川智子脚本 長村しんじ演出
残念ながら、オチが始まって30秒も経たないうちに分かってしまったのは残念でした。大ピンチというほどでもなかったかなぁ。『花嫁はずきんちゃん』でも見られましたが、ぜんまいざむらいの潔さはかわいそうでもあり、良さでもあり好印象でした。
評・脚本5点 展開2点 ユーモア5点 教訓5点 ふしぎ度4点 計16点/50点
第135話『からくり大江戸おばけ騒動!』 河原ゆうじ脚本 サトウ光敏演出
鬼太郎のちゃんちゃんこを着た万之助。やっぱり変装?!名人です。万之助ならねずみ男が字のままでいけそうなのですが、さすがにそれは…だったのでしょう。適当な名前、キック、3人バイト娘、「ほなさいなら」の決め台詞とパターン化してきましたね。
評・脚本5点 展開5点 ユーモア5点 教訓5点 ふしぎ度5点 計25点/50点

                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
天蓋男さる
やっぱりおちはこれ…

おさるさん ~#23『ショーグンザル』
やっぱりというオチでした。十万屋兄弟が作ったショーグンザルにひっかけておさるさんの天蓋男。なかなか、様になっています

天蓋男アクションカテゴリーへクリック!!
天蓋男アクションへ絵をクリック!

                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
くま
やっぱり鮭捕りが得意!

あくとり代官のナベ話には欠かせない熊。名前は特にありませんが、2度登場しています。
第36話「ナベのカタキ」では、曽我鍋綱とともに登場。鍋綱が作った石狩鍋をあくとり代官にまずいと言われ、もちろん鍋綱は怒りましたが、もっと怒ったのはこの熊。ちゃぶ台をひっくり返していましたから。
第130話「あくとり代官のナベ対決」ではあくとり代官の味方として、鮭を提供してくれました。あくとり代官が勝つと、とても喜んでいました。
第36話『ナベのカタキ』あらすじ
第130話『あくとり代官のナベ対決』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
あくとり代官のナベ対決
あくとり代官しんみり…ぜんまいざむらいガツガツ…

『あくとり代官のナベ対決』 第130話 河原ゆうじ脚本 サトウ光敏演出
まぼろしの鍋を食べに山奥に行くと、民宿が。そして変わったお風呂を豆丸が発見。みそ味の湯に野菜や豆腐がゴロゴロ。それを作ったのは、渡辺綱缶という人。この綱缶はあくとり代官の兄弟子にあたる人でした。昔、南町ナベ奉行先生のところにはたくさんのお弟子さんがおり、1番弟子が綱缶で、2番弟子が腹がたつぐらい男前だったあくとり代官ということ。あくとり亭に戻ってきて、若い頃の話をはじめるあくとり代官にぜんまいざむらいと豆丸は引き気味だったが、ナベを食べさせてもらえるということで、しぶしぶ聞くことに。南町ナベ奉行先生には一人娘のお玉ちゃんという女の子がいて、綱缶と結婚して名跡を継ぐ予定であったが、お玉ちゃんは男前のあくとり代官が好きらしくて、それを知った綱缶は荒れて、アイスナベや空飛ぶナベなど変わったナベばかり作るようになり、先生とけんかして道場を後にする。そんな話をしているとあくとり亭に綱缶が。ナベを食べて、先生と同じレシピでしかもまずいと厳しく批判。そこでナベ対決をすることに。綱缶が作ったなべはキャビアやフォアグラなどの珍味、中華味にもカレー味にもなる世界ナベであった。得点は27点。一方あくとり代官はおなじみの熊が口で運んできた新鮮な鮭を使った石狩鍋。得点は30点。審査員の茶じじ「ただの鍋だからいいのだ」と。怒った綱缶に対して、必笑だんご剣を。そこへこれまた昔の面影が全くない、お玉ちゃんが。本当は綱缶のことが気になっていたお玉ちゃんと綱缶は涙の再会。綱缶は道場に帰ることに。そんな2人の再会を見ていたみんなは涙…。
このお話の3行感想
第129話『からくり大橋を上げろ」          第131話『ごまちゃんからくり大江戸見物」
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。