NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あくとり代官の修行
数十年前のあくとり代官の後ろ姿…やせている

『ナベのカタキ』 第36話 河原ゆうじ脚本 佐藤清光演出
あくとり代官は10年前なべの修行で訪れた九州で、曽我鍋綱の石狩鍋を食べた。その鮭が冷凍だということであくとり代官は一喝。それにショックを受けた鍋綱は北海道へ。そこでに食べられたという知らせを聞き、鍋綱の子どもたちが敵討ちにとあくとり代官のもとに。するとその現場にひとりの変わり果てた男と熊が現れた。その男こそ、曽我鍋綱。
熊に鮭の取り方を学び、やっとあくとり代官に満足できる鍋をごちそうすることができると思い、現れたのだ。曽我鍋綱が満を持して石狩鍋を作り、あくとり代官に食べさせる。するとあくとり代官は一口食べて「ま・ず・い」と。
鮭は新鮮だが、味付けがなっとらんという理由で。周りは「ここはうまいと言っておいたほうがまるくおさまる」とすすめるが、あくとり代官は鍋には妥協しない。
みんなが怒り(特に熊が)、この話は収集がつかないまま終了しました。
ちなみに天蓋男はおいしい石狩鍋のレシピを読み上げています。(生鮭500g、なましいたけ4枚、豆腐1丁、えのき2本、大根3分の1、みそ150g、こんぶだし、酒類、バター、粉山椒少々)
《初回放送 2006年7月17日放送》
テレビでは「なべつね」と言っていますが、最後のクレジットでは「鍋綱」になっています。一応「鍋綱」で表記します。★ご指摘ありがとうございました★
あくとり代官紹介ページ(week内記事)
『あくとり代官修行する』(week内あらすじ)
この週の3行感想(week内記事)
第35話『西洋寺子屋一日体験』                  第37話『なめざえもんのわな』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
コメント
この記事へのコメント
今日のお話は…
コメントありがとうございます。
今日のお話はみなさんの評価も低いみたいなので…。
明日はちょっと期待できると思います。
2006/11/14(火) 00:02 | URL | かえる #-[ 編集]
こんばんは^^
いえいえ、こちらこそあの長い記事を読んでいただいたようで感謝感激であります。
なのに私は本日も外出してましたのでぜんまいざむらいを見ることができずでした(-盆-;)
2006/11/13(月) 22:19 | URL | シン@偽哲学者 #HfMzn2gY[ 編集]
ほさんへ
コメントありがとうございます。
そう言われてみれば本当ですね。
どこかでチェックされずに、
このようなことになったのでしょうね。
たくさんの人が関わっているので、
大変なんでしょうね。
2006/11/13(月) 19:22 | URL | かえる #-[ 編集]
三世さんへ
コメントありがとうございます。
これは前々から興味があったのですが、
きっと大丈夫みたいです。
ただ、鮭が苦手なので…
作っていません。
2006/11/13(月) 19:20 | URL | かえる #-[ 編集]
シン@偽哲学者さんへ
コメントありがとうございます。
本当ですね。ぜんまいざむらいに
でてくるお鍋は本当においしそうに
描かれているので、見ていて
食べたくなります。
2006/11/13(月) 19:19 | URL | かえる #-[ 編集]
ナベツネ
初回放送時から気になってたんですが、登場人物はみな「そがのなべつね」と呼んでるのに、おしまいのクレジットだと「曽我鍋綱」になってるんですよね。
今回も直ってないのを確認しました。慌ただしいアニメ制作現場の一端を垣間見た気がします。
2006/11/13(月) 17:51 | URL | ほ #-[ 編集]
レシピ興味あり
お話見ました。
石狩鍋のレシピ。本当にこれで作れるのですかねぇ。
ちょっと興味ありです。
2006/11/13(月) 11:50 | URL | 三世 #-[ 編集]
こんばんは^^
お鍋の恋しい季節になってきましたね^^
天蓋男さんの石狩鍋食べたいです♪
2006/11/13(月) 02:21 | URL | シン@偽哲学者 #HfMzn2gY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。