NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
殿様寝込む
ふとん19段はありました

『お殿様の大切なアレ』 第44話 やすみ哲夫 脚本
お殿様が大切にしている宝箱がなくなったと見栄城から伝書鳩がぜんまいざむらいのもとに伝えにくる。見栄城に行くと殿様は高いふとん(19段は数えました)の上で寝込んでいた。そして家老から伊賀のかに一族からの「宝物は頂いた」という置き手紙を見せられる。豆丸は伊賀と聞いて強い反応を示すが、「聞いたこともないでござる」
その後ぜんまいざむらいと豆丸が外を歩いていると、宝箱が道の真ん中に落とされていた。拾おうとした瞬間かに一族の伊賀の毛がにが。ただこの毛がには方向感覚がおかしく、あわてんぼう。襲いかかってきたが、横にしか歩けない…。そしてボス伊賀のたらば丸が雷とともに入場。怒った泡で2人は固められるが、必笑だんご剣で難なく解決。そしてお殿様に頼んで中身をみせてもらうが、その中身とはなんと腹巻。幼少の頃からお腹が弱いお殿様でした《第44話 8/31,9/21,11/23放送》
見栄城のお殿様についてくわしく紹介(week内記事)
伊賀のかに一族について(week内記事)
今週の3行感想
第43話『だんごダイエット」                     第45話『ずきんちゃんの家出」
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。