NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第11話『あくとり代官の人生相談』 河原ゆうじ脚本
あくとり代官初登場のお話となりますが、かなりあやしい呼び込み方に少しあぜんとした驚き。あくとり代官のお話の結末部分、毎回モヤッとした終わり方が多いのですが、初回もそうでした。だじゃれはなかなかのものでした。辻だじゃれとあくとり代官の対決は見てみたい!
評・脚本7点 展開6点 ユーモア8点 教訓4点 ふしぎ度4点 計29点/50点
第12話『三日月池のミカちゃん』 河原ゆうじ脚本
話の設定がいいですね。饅頭屋だから十万屋かと初めて分かりました。ミカちゃんいいですね。手をふってくれたりしますから、サービス満点。でも1箱に4つの饅頭しか入ってない!うーん、同じ関西人として、十万屋には頭が下がります。
評・脚本8点 展開7点 ユーモア8点 教訓6点 ふしぎ度4点 計33点/50点
第13話『バブルンパニック』 西園悟脚本
好き嫌いがわかれるでしょうが、ちくりとした話は個人的に好きです。ずきんちゃんの明らかに舶来物を嫌ったり、船長さんのだんご後の「よその国を汚すのはよくないことですね」の発言にはドキドキしてしまいます。今回はピエールの立場も微妙でした。
評・脚本8点 展開8点 ユーモア5点 教訓7点 ふしぎ度5点 計33点/50点
第14話『あこがれのかみちよねーさん』 北条千夏脚本
変則だんご剣の第1弾のお話ということで価値があります。それもだんごをかんざしの代わりにするという発想は初回にして最高のおもしろさがあるのでは。ところで豆丸の折り紙を見ているとそんなに手先が器用ではなさそうなところがかわいらしくてよかったです。
評・脚本7点 展開10点 ユーモア8点 教訓8点 ふしぎ度5点 計38点/50点
第15話『出た!辻だじゃれ』 大野木寛脚本
全部だじゃれなのかというとそうでもないです。一応せりふを調べてみようとしたのですが、???になり、断念してしまいました。子どもの間では「おやじギャグ」がつい最近まではやっていたらしく、喜んでいました。
評・脚本5点 展開5点 ユーモア6点 教訓5点 ふしぎ度5点 計26点/50点

                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。