NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第81話『素敵!なめざえもん様』 大野木寛脚本 
改めて見直すと本当によくできた話だなぁと感じました。(アクタレざむらいに少し煮ているかなぁという印象もありますが)豆丸たちがハートマークになるあたりは大変おもしろくみさせてもらいました。その後の展開は少し読めたかなぁ。話の5分間への凝縮具合もよかったです
評・脚本9点 展開7点 ユーモア10点 教訓6点 ふしぎ度7点 計39点/50点
第82話『守れ!南極の氷』 やすみ哲夫脚本 
題名にやられた!!温暖化問題かと思いきや、全く別物。しかし細かいおもしろいさがたくさんありました。あくとり代官の南極なべはすごいメニューです。あくとり代官はすごい人とつてがあるのですね。焼肉屋さんの前で止まる牛もよかった。豆丸がかつげないのもかわいかった。あと大きい殿様枕元にありましたが、かぶとみたいに飾られているのもよかったです。
評・脚本5点 展開5点 ユーモア7点 教訓5点 ふしぎ度5点 計27点/50点
第83話『探検!地下通路』 大野木寛脚本 
最終回を予感させるお話にさびしい思いが。ところでぜんまいざむらいはからくり大江戸には初めてやって来たはずなんですが、少年時代に手紙を埋めた設定は少し残念。あと1通の手紙で、あそこまで大掛かりなものを作ったぜんまいざむらいって一体…
評・脚本6点 展開6点 ユーモア6点 教訓4点 ふしぎ度7点 計29点/50点
第84話『さよなら豆丸』 河原ゆうじ脚本 
ぜんまいざむらいがまさか必笑だんご剣を別れる豆丸に贈るとは…。つまり生き返れないことを意味するのに。ぜんまいざむらいの大きさに感動しました…障子が再び開くまでは。この後の展開はさすが!伊豆丸とは!ますます明日が楽しみになる前編でした。
評・脚本9点 展開10点 ユーモア10点 教訓10点 ふしぎ度7点 計46点/50点
第85話『降臨、大福の神』 大野木寛脚本 
本当にめでたく終わりました。泣かすお話「さよなら豆丸」の続きかなぁと期待しましたが、今日は普通に豆丸が何事もなかったかのように登場しているのに思わず笑ってしまいました。第2期シリーズにもちゃんとつなげられる最終回となりました。
評・脚本5点 展開5点 ユーモア6点 教訓10点 ふしぎ度6点 計32点/50点

                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。