NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第116話『お母さんのマメ豆だんご』 岡部優子脚本 冨沢和雄演出
ぜんまいざむらいの「えーっこれ放送してもいいの!」という驚きも好きですが、このお話のようなこれぞNHK!と思わせる心温まるお話もいいですね。豆丸が伊賀へ帰ってしまうのではと、一瞬さよなら豆丸を思い出してしまいましたが、よかったです。豆丸はまだまだお母さんの恋しい年頃なんですね~
評・脚本8点 展開5点 ユーモア6点 教訓8点 ふしぎ度5点 計32点/50点
第117話『わくわく恐竜ツアー!』 河原ゆうじ脚本 サトウ光敏演出
十万屋シリーズ。豆丸の財布が家宝である黄金の落花生だったのではないでしょうか?十万屋兄弟のセリフは関西にゆかりがある者にとってはなつかしい響きがあります。豆丸の小銭を見て、「大阪から尼崎にいくんとちがうでー」ありそう
評・脚本7点 展開5点 ユーモア8点 教訓6点 ふしぎ度5点 計31点/50点
第118話『キラキラとうもろ星』 石川智子脚本 鈴木卓夫演出
なめざえもんかっこいい!まぁ知らなかったとは言え、自分でやった過ちをきちんと身を削ってなんとかしたところは本当に成長したなぁと感慨深いです。脚本の石川さんは『なめざえもんぱぱになる』でもなめざえもんの心の奥にあるやさしさを描いていましたが、そういうなめざえもんはやっぱりいい!!
評・脚本8点 展開7点 ユーモア7点 教訓7点 ふしぎ度6点 計35点/50点
第119話『かみカミ、カミキリ虫』 岡部優子脚本 鈴木卓夫演出
どこかで見たことがあるなぁ…『バブルンパニック』を思わせる流れでした。なめざえもんは道の真ん中でずきんちゃんにキスを迫ったりするわりには、ラブレターを書いて照れたりするのですねぇ~。なめざえもん…ますますわからなくなります。瓦版、もったいなぁ~と以前から思っていたので、再生されていてよかったです。
評・脚本4点 展開4点 ユーモア5点 教訓6点 ふしぎ度5点 計24点/50点
第120話『みんなで座禅』 河原ゆうじ脚本 鈴木卓夫演出
なめざえもんと豆丸の考える余計なことと言うのはいつもどおりですが、ぜんまいざむらいはドキッとしました。ファンにとって一番聞きたくない108つ越え!1080は行き過ぎですが、大福の神のそっけなさはさびしい!とてもおもしろかったですが、最後のずきんちゃんがおしいかなぁ。
評・脚本8点 展開8点 ユーモア9点 教訓9点 ふしぎ度6点 計40点/50点
コメント
この記事へのコメント
あゆこさんへ
おはようございます
黄金じゃないですよねぇ~
そのまま渡していましたからね。
あの黄金の落花生を取り戻すために
からくり大江戸にやって来たくらい貴重なものだから、やっぱりただの落花生なんでしょうね。
十万屋のイントネーションは関西人から見れば、わざとらしいぐらい関西弁で少し変なぐらいです。
2007/07/08(日) 08:27 | URL | かえる #-[ 編集]
十万屋万之助が好きです!
豆丸のサイフ?貯金箱??私も気になりました。「黄金」ではなくて、「ただの」落花生なのかなぁ…とも思いながら見ていましたが笑。
十万屋兄弟の関西弁は拍子抜けした雰囲気があって好きですが、時々イントネーションがヘンです!
2007/07/07(土) 19:56 | URL | あゆこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。