NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第121話『怪傑はりせん男』 大野木寛脚本 サトウ光敏演出
ゲストキャラ中心のお話かと思っていましたが、なめざえもんのお話でした。豆丸の「深爪」から話がそれていくところはなんとも豆丸らしい。今週のなめざえもんを見ていると、真の人間性は?と考えてしまいます
評・脚本7点 展開7点 ユーモア5点 教訓5点 ふしぎ度4点 計28点/50点
第122話『どろんこ寺のどろん小僧』 河原ゆうじ脚本 サトウ光敏演出
どろん小僧は「どろんこ」と「どろん(下にもぐって消えるやつです)」がかかっていておもしろい題名ですね。大人では解決できないことを一緒に遊んで心を通じ合わせ解決するという今の子どもたちに向けた深~い作品だったと思います。小僧はお化け?
評・脚本7点 展開6点 ユーモア5点 教訓10点 ふしぎ度5点 計33点/50点
第123話『特訓!コマのり修行』 小松崎康弘脚本 サトウ光敏演出
どこかで見た話。少し残念でした。ぜん様は以前コマ回しが得意と紹介しましたが、やはり回すのはてともうまい!このお話に関しては以上!としましたが、2回3回と見ておもしろさがわかればいいなぁと思います
評・脚本1点 展開0点 ユーモア1点 教訓1点 ふしぎ度2点 計5点/50点
第124話『豆丸と幸せの種』 山口亮太脚本 冨沢和雄演出
なめざえもん今日はユーモア一切なしの悪さが爆発しました。最高級特濃の肥料を垂れ流して育った種からは栄養満点の精が成長していき、そのぜいたくさに耐えられなくなって逃げていくのには笑ってしまいました。子どもさんには見せたいお話でした。
評・脚本2点 展開3点 ユーモア3点 教訓9点 ふしぎ度3点 計20点/50点
第125話『ピエールの涙』 西園悟脚本 冨沢和雄演出
ベルバラを詳しい方にとってはおもしろかったお話でしょう。完全に途中からオスカルでしたから。あとずきんちゃんの衣装と「ご主人様」発言にびっくり。なかなかインパクトある一言で今日の1枚、どっちにするか初めて迷いました。
評・脚本6点 展開5点 ユーモア9点 教訓6点 ふしぎ度6点 計32点/50点

                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
コメント
この記事へのコメント
ふみよんさんへ
こんばんは。
旅行中だったのでお返事遅れまして申し訳ございませんでした。
ふみよんさんにチケットのことなど教えていただいて、とても助かりました。
本当にありがとうございました。

この週はどれもおもしろかったですね。
小僧の顔は明らかに…ですよねぇ~。
2007/08/14(火) 01:51 | URL | かえる #-[ 編集]
小僧が切ない
こんばんは、今週の新作どれも良かったですね。私も小僧は座敷わらし的?なお化けと思いました。
2007/08/12(日) 03:19 | URL | ふみよん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。