NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
茶じじ豆丸風
~でござる

『ああ、憧れのひざまくら』 第136話 北条千夏脚本 長村しんじ演出
かみちよねーさんに耳かきをしてもらった豆丸。それを聞いた茶じじは何と言ってやってもらったか聞き出す。千代紙教室で耳かきを折りプレゼントしたら、ひざまくらをして耳かきをしてもらったらしい。そこで茶じじは豆丸衣装に即着替え、同じように試すが、まごの手と間違えられ、あえなく。一方なめざえもんぜんまいざむらいずきんちゃんにひざまくらをしてもらい耳かきしてもらおうと「ひざ」という言葉を言わせようとする。ぜんまいざむらいが膝を指差し、「ここは?」と聞くと「破れているところ…」なめざえもんが「ここは?」と聞くと「ひざこぞう…」。なめざえもんは黄金の耳掻きを出すが、おばばに見つかり、おばばから膝枕の耳掻きをしてもらう羽はめに。
《初回放送 2007年11月6日》
このお話の3行感想
第135話『からくり大江戸おばけ大騒動!』      第137話『からくり将棋は待ったなし?』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。