NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テングになった豆丸
テングになった豆丸の変わりようにショック!!

『テングになった豆丸』 第141話 小松崎康弘脚本 長村しんじ演出
なかなか忍術が上達しない豆丸。修行中に、穴の中に落ちてしまい、忍法穴のぼりの術でも登れない。そんなところへ人間が天狗草を鼻につけて、本当に天狗になった話を母親としていた散歩中の小天狗テンテンが助けてくれる。テンテンと豆丸は友だちだが、母親は下等な人間とは付き合ってはだめと厳しく接する。「天狗になれば母親も友だちとして認めてくれるのでは」と思い夜中に抜け出し、天狗草を豆丸のもとへ持って行き、寝ぼけた豆丸の鼻につける。翌朝、見事な鼻になった豆丸はテンテンの葉うちわを持つと、急に表情が変わり、テングに。「テンテン殿は天狗だけ。拙者は忍術も使える天狗」と完全にテングになってしまった豆丸。いたずらをはじめ、「最強だから何をしてもいい」と。怒ったぜんまいざむらいは必笑だんご剣を。しかし、忍術が使える天狗になった豆丸は軽くよける。そこにテンテンは「こんなひどいことをする人は友だちじゃない!」と叫びながら、豆丸を押さえ込み、そこへ必笑だんご剣。その一部始終を見ていたテンテンの母親は、無理に引き裂こうとした私が悪いと。テンテンは豆丸殿を本当の友だちにしたかったから、無理に天狗草をつけさせてしまったと。豆丸も今回は深く反省するのでした。
※カタカナのテングは慣用句の意味です
《初回放送 2007年11月12日》
このお話の3行感想
『小天狗テンテン』のあらすじ
「小天狗テンテンはキーパーソン?!」研究
第140話『ぜんまい若だんなになる』          第142話『ボク、ふとんたたきざむらい』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
コメント
この記事へのコメント
どうもさんへ
おはようございます。
お返事遅れまして申し訳ございませんでした。
本当にゴミ箱で見ていましたからねぇ~。
テンテン系は何となく不思議な感じが残ります。
2007/12/02(日) 08:37 | URL | かえる #-[ 編集]
録画をしたのを見ました。なめざえもんのつっこみもわかります。本当になんてところでみてるんでしょうねえ。
2007/11/27(火) 19:22 | URL | どうも #-[ 編集]
db65さんへ
おはようございます。
なるほどです。なかなかの深層心理ですね。
テンテンは豆丸と会ったのが2度目なので、
まだ真の友だちという状態じゃなかったかもしれません。
今回の事件で2人は本当の友だちになれたらいいのですが…。
2007/11/13(火) 07:08 | URL | かえる #-[ 編集]
豆丸の深層心理
「こんなひどいことをする人は友だちじゃない!」より「僕の友達はこんなひどいことをしない!」の方がよかった。前者は豆丸自体を否定しているが、後者は豆丸の一部を否定しているにとどまっているから。人は善悪のみで判断しきれない、複雑な存在です。忍術が上達しない焦りが今回の騒ぎにつながったので、テンテンには表面上の悪事だけで友達でいられるかを判断してほしくなかったですね。許容を超えた力を無理やり与えられて暴走する豆丸が気の毒に思えました。
2007/11/12(月) 20:11 | URL | db65 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。