NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
殿様と三太夫
本当に三太夫さんには頭があがりません!

『家来はつらいよ』 第195話 北条千夏脚本 ながむらしんじ演出
見栄城の殿様は家来の三太夫に身の回りの世話から、遊び相手まで無理ばかり言っています。高い高いをする命令に三太夫は「たか~い、たか~い」を。すると高く投げ過ぎ、天井を突き破ってしまい殿様は激怒。そしてくびとなる。くびになった三太夫はいっぷくでお世話になることに。ただお仕事中も心配そうに見栄城を見つめる三太夫。ぜんまいざむらい豆丸に様子を見に行ってほしいと願う三太夫。様子を見に行くと、家来1、家来2となり、お世話をすることになる。床下で心配そうな三太夫は、例えば散歩では「もっと外の景色が見られるように…」蝶々とりでは「つかまえるふりをして…」と殿様が快適に過ごせるようなひとりごとを。ぜんまいざむらいが無理やり文句を言いながらやっていると、殿様は「三太夫は文句などいわなかった」「三太夫は…」のほめ言葉の連続に床下で涙。ただあまりのわがままぶりに怒ったぜんまいざむらいは必笑だんご剣!改心した殿様が「帰ってきてほしい」と言うと床をやぶって三太夫が登場!二人は抱き合うのでした。
《初回放送2008年11月3日》
3行感想
NEW見栄城の殿様更新しました
★殿様のわがままシリーズ
第171話『今夜もねむれな~い』(山下友弘脚本) ★ぐっすり眠りたい!
第149話『お殿様の砂時計列車』(小松崎康弘脚本) ★列車を止めない!
第144話『殿様選挙は大騒ぎ!』(山口亮太脚本) ★殿様や~めた
第97話『南の国から来たアイツ』(山口亮太脚本) ★象は返さない!
第82話『守れ!南極の氷』(やすみ哲夫脚本) ★南極の氷が食べたい!
第44話『お殿様の大切なアレ』(やすみ哲夫脚本) ★大切な腹巻を取り返して!
第194話『恐怖!だんごの悪夢』                第196話『ごせんふ池で大合唱』
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
コメント
この記事へのコメント
db65さんへ
今までのお話を見ていると、殿様は力がないと言うわけではなさそう。
やっぱり使用人がいないのは、殿様個人的な問題!!
三太夫さん、これからも健康に気をつけて、支えてあげてね。
とそんな気持ちになります。
2008/11/22(土) 08:43 | URL | かえる #-[ 編集]
もっと自立を!
例えばですけど、どちらかに万一のことあれば、共倒れですよ。使用人が三太夫以外いないのも我侭がきつすぎるからかな。
2008/11/17(月) 21:52 | URL | db65 #-[ 編集]
mintさんへ
こんばんは。
殿様はある意味天才です!
そのギャップがおもしろいところでもありますよね~。
三太夫さんご苦労様です!
ふたりがいてからくり大江戸は平穏な毎日を過ごせているのでしょうね。
2008/11/05(水) 19:19 | URL | かえる #-[ 編集]
さすが殿
確かに殿様は子供みたいなところがありますが、例えばですがノーベル賞を受賞するほどの科学者が、身の回りのことは何も出来なかったりするようなものかな?と思います。だって殿様は、釜ちゃんが両親と共に襲来した時、からくり大江戸を守る為に戦おうとしていたんですから、素晴らしい為政者に違いありません。勿論、それを支えてるのは三太夫さんですがw
2008/11/04(火) 21:00 | URL | mint #EvmDRqhQ[ 編集]
しぼ丸さんへ
こんばんは。
そうですよねぇ。
殿様は外見は充分おじさんですが、
やっていることは大人っぽくはないですよね。
殿様と三太夫さんとの会話!
私も大好きです!
2008/11/04(火) 20:24 | URL | かえる #-[ 編集]
いい年して、高い高いって・・・。
久しぶりです~。2週間ぶりですね
ところで今日この話しを見て
意外と殿様って精神年齢低いなぁ。
と思いました。
殿様が出る話はいつも面白いです~
2008/11/03(月) 20:03 | URL | しぽ丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。