NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第200話『ありばばとおばばの決闘』 山田かおり脚本 サトウ光敏演出
おばばと三婆、そして茶じじとの関係が気になりました。同級生?!と思わせるような会話のやりとりにいよいよかと期待しましたので、もう少し聞きたかったです。最後の結末は、山田かおりさん特有のほのぼのした感じで終わりよかったです
評・脚本6点 展開6点 ユーモア5点 教訓5点 個人的総合6点 計28点/50点
第201話『花柄ずきん、再び参る!』 川辺美奈子脚本 サトウ光敏演出
第2弾ということで、期待しましたが、真新しい展開はなかったようです。例えば、だれでもいいですが、茶じじだけでも存在がわかっているとかなら、少しおもしろい展開になりそうだと思うのですが。
評・脚本4点 展開3点 ユーモア6点 教訓6点 個人的総合5点 計24点/50点
第202話『ヒ~ホ~秘宝館』 北条千夏脚本 サトウ光敏演出
ヒ~ホ~ダンスの先客に天蓋男がいたのは笑ってしまいました。ヒ~ホ~ダンスは気になります。秘宝館ということで茶じじがいたらまた展開がかわっていたでしょうね。またずきんちゃんの美的感覚の異常さも今回は新発見でした。
評・脚本6点 展開6点 ユーモア8点 教訓5点 個人的総合8点 計33点/50点
第203話『にぎにぎ、おにぎり小僧』 山下友弘脚本 サトウ光敏演出
食べ物を残すとでてくる妖怪!子どもに見せたいと期待しました。でも「なんで!」と突っ込みをいれたくなる展開でした。おにぎりを握っていた米は残したご飯じゃなかったし、必笑だんご剣にも少し疑問。かわいらしい目の妖怪も子どもには効き目が薄そう…
評・脚本4点 展開3点 ユーモア5点 教訓3点 個人的総合5点 計20点/50点
第204話『ぜんまいざむらい二百歳?』 西園悟脚本 サトウ光敏演出
おもしろかった!現代に戻るというお話しではなかったですが、ぜんまいざむらいがしみじみと語るみんなへの感謝の言葉、涙がでました。いなくなった後のからくり大江戸の混乱振りの茶じじひどいです!結局玉手箱は何のためにあったのでしょうか
評・脚本9点 展開7点 ユーモア10点 教訓5点 個人的総合9点 計40点/50点
第40区・2008年11月新作の3行感想           第42区・2009年1月新作の3行感想
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。