NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再放送のスタート!がっかりばかりしていてはいけないと気持ちを入れ替えて。
お忙しい方々。初めてぜんまいざむらいを見る方。HDの容量があまりない?!
そんな皆様にどうしても見てほしい!見るなら!録るなら!
そんな1本を紹介する記事を新たに作っていきたいと思っています。
いや私なら…そんなコメントもお待ちしています!
今週の1本★金曜日放送

「わたあめひめ、くーるくる」100 第159話『わたあめひめ、く~るくる』
 西園悟脚本・長村しんじ演出
 08年6/24以来3回目の放送
 豆腐屋さんにぶつかったなめざえもんへ必笑だんご剣
 大福の神の代理としてわたあめひめ初登場のお話
 わたあめひめ 天蓋上から飴をかけられて
このお話は個人的に名作指定でもないのですが、第3シリーズでほぼ半分の30回も登場する
わたあめひめの記念すべき初登場お話です。
ぜひチェックしてみてください。
                                            お団子クリックでホームにもどりますHOMEにもどります
コメント
この記事へのコメント
さえさんへ
おはようございます。返信遅くなり申し訳ございませんでした。
ありがたいコメントうれしいです!
早速間隔があいてしまいましたが、
今週分は作ってみました!
ぜひチェックしてみてください!
2009/04/19(日) 08:23 | URL | かえる #-[ 編集]
ありがとうさんへ
おはようございます。返信遅くなり申し訳ございませんでした。
ありがたいお言葉いただいたのに、早速少し間隔があいてしまいました。
今週は作りましたのでぜひチェックしてみてください!
2009/04/19(日) 08:20 | URL | かえる #-[ 編集]
下北の谷岡さんへ
おはようございます。返信遅くなり申し訳ございませんでした。
放送に偏りがあり、少しがっかりしすぎてしまいました。
エレキてるの助は私にとっても少し魅力的な人物です。
再登場は期待したいですね!
2009/04/19(日) 08:16 | URL | かえる #-[ 編集]
新企画ありがとうございます!
これは嬉しいです!
新たにかえるさんのコメントも見れますし(^^)
私も第3シリーズは新作的存在です。
レンタルも見つからないので、再放送を待つことしか…;

このお話は傑作選で1度見ましたが、またじっくり見てみたいと思います。
2009/04/01(水) 20:56 | URL | さえ #SWLx4y6U[ 編集]
ありがとう
楽しい企画を
して
くれて
今週見るならこの1本
すごいい企画だと
思います
これからも
毎回見たいと思います
2009/04/01(水) 19:20 | URL | ありがとう #-[ 編集]
新企画ありがとうございます。
第3シリーズはとぎれとぎれにしか見ていないので自分にとっては<新作>が多いです(^_^;)
わたあめ姫はいつの間にか登場して馴染んでしまっている印象なので初登場シーン大変楽しみにしています。

エレキてるの助は一旦はだんご剣を破った程の数少ない<使い手>であるので更にパワーアップした再登場でぜんまいざむらい達の前に立ちはだかってもらいたいものですが・・・
2009/03/31(火) 01:49 | URL | 下北の谷岡 #-[ 編集]
db65さんへ
こんばんは。
なかなか忙しくて、放送を見られない状態が続いていますので…
苦肉の策ですが、新企画続けていきたいと思います。
またコメントお待ちしています!

私もわたあめひめの印象は↑です。
最初はとんでもないキャラクターだなぁと思いましたが、
それがなかなか。

この中から1本選ぶのは難しいのですが、再放送も意外に少ない「わたあめひめ」を選んでみました。
てるの助が必笑だんご剣を受けましたが、私はまだスッキリ納得!
というところまでいっていませんねぇ~。
2009/03/30(月) 21:57 | URL | かえる #-[ 編集]
こんにちは
新企画「今週見るならこの一本」、ありがとうございます。私も再放送を「おさらい」としてとらえ、余裕があったら見てみます。また、コメントしてみようかと思います。

「わたあめひめ、く~るくる」ではわたあめひめが自己中心的な振舞いが目立ちますが、「姫」=「我侭」というお約束のためでしょうか。「必笑!七色だんご剣」では使者の役割をはたし、「さようなら、ずきんちゃん」では中立的な立場で判断を下す場面もあります。徐々に使者として成長している場面もありますが、大福の神の物を勝手に持ち出してトラブルメーカーになる(「お天気は下駄で」など)こともしばしばです。

個人的には、「えれき商人あらわる」も見どころです。同じ平賀源内をモデルにした原賀ゲンナリは何度も出番があるのに、エレキてるの助はこの作品のみの登場です。人を無理やり働かせる装置が受け入れられなかったのと、人を見下した感じがよくなかったのかな、と推測しています。
2009/03/29(日) 12:03 | URL | db65 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。