NHK「ぜんまいざむらい」にこだわりました。ぜんまいの魅力は、かわいいだけですまない奥深さとなんとなくもつ悲しさだと思います。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第21話 『からくり長屋は大さわぎ』 大野木寛脚本
なめざえもん、今回はかなり悪い。大手進学寺子屋に生徒をとられた豆丸の通うそろばん塾を見てわかるように、けっして豊かではないが、楽しく暮らしている人たちを金の力で。ところでぜんまいざむらいは高いところは平気みたいですね。屋根といっても、まげなのでスペースが小さいと思うのに、気持ちよさそうに必笑だんご剣ダンスをいつもどおり。
評・脚本7点・ユーモア8点・展開5点・教訓7点・ふしぎ度5点  計32点/50点

第22話 『なめざえもんの花さくせん』 石川智子脚本
なめざえもんにバラのつもりが間違って牡丹(ちなみに花言葉は美形な人だそうです)をずきんちゃんに渡したあたりはまだかわいらしいのですが、エスカレートしていきます。最後の忍法花咲かじいさんはよかった!ただ2日連続同じような話が続き、これは残念。
評・脚本5点・ユーモア5点・展開4点・教訓6点・不思議度4点 計25点/50点
第23話 『ショーグンザル』 河原ゆうじ脚本
私が最初に見た話がこれでよかった。少し長めの必笑だんご剣も、ぜんまいざむらいの「こういう見世物はインチキが多いからなぁ」というなど、するどいつっこみも、すべてよかった。これではまってしまいブログを作るに至っています。
評・脚本7点・ユーモア8点・展開8点・教訓4点・ふしぎ度7点 計34点/50点
第24話 『押入れからこんにちは』 北条千夏脚本
声優さんには頭が下がる思い、わざと間違えるのは、きちんと言うより難しかったのでしょうね。ぜんまいざむらいだけ「おしいれわらし」の存在を知っていましたが、いつか以前にあったのでしょうか?またぜんまいざむらい以外の人たちが押入れわらしへを見たときの反応はよかった。
評・脚本3点 ユーモア6点 展開6点 教訓2点 ふしぎ度7点 24点/50点
第25話 『紅白歌じまん大会』 河原ゆうじ脚本
おもしろかった。歌はすべてその人物を表現した直球ストレートのものでわかりやすかった。まっちゃ、家老の合いの手、なめざえもんのバックダンサーなど共演者もいい味だしていたと思いました。あくとり代官の司会は…。いつもどおりですね。
評 脚本・9点・ユーモア8点・展開7点・教訓4点・ふしぎ度5点 計33点/50点
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。